GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
レッスン・練習

ようこそ ゲスト さん

最新ギア情報やゴルフがうまくなるレッスンが満載。

今さら聞けないスイングの基礎

スイングを見直す3つのポイント ~第1回~

2016/05/09 16:00:00

グリップ、アドレス、スイング(テンポ)の順で見直そう!

アマチュアの8割がグリップになんらかの問題あり!岩垣貴栄ティーチングプロがアマチュアゴルファーをレベルアップさせます 【拡大写真】

さまざまなレッスン書や最新理論がある中で、どうして今さらスイングの基礎の基礎を振り返るべきなのか?これまで、延べ1万人以上のアマチュアを見てきた私の経験から言うと、グリップですら、合格点を付けられる人はわずか2割程度だったからです。

ゴルフスイングは、ほぼ体の自然な反応に従って出来上がるもので、その自然な反応は誰しも備わっているものです。その自然な反応を促す一番の起点となるのがグリップなのです。そこから始まってアドレスにつながり、スイングへと至ります。

歪んだグリップは、歪んだアドレスを生み、その当然の結果として、スイング全体が乱れるものなのです。理想的なグリップができている人が2割しかいないということは、すなわち、その後のアドレスもスイングも確実に乱れていることに他なりません。

初心者の方はもちろん、ゴルフ歴の長い方も、グリップ、アドレス、スイング(テンポ)の順を守って、自分のスイングを今一度しっかりと見直してみてください!この「今さら聞けない」ところが、実は一番大切なんです!

スイングの一番の起点となるグリップ

正しいグリップが理想的な体の反応を生む!
正しいグリップが理想的な体の反応を生む! 【拡大写真】

グリップは腕とゴルフクラブをつなぐ接点として、体の自然な反応に従ったスイングをする上で、最も重要なところとなります。フェース面を感じるところであり、正しいグリップで手首の関節の向きを正しくセットすれば、アドレスもスイングも、体の自然な反応に従って整っていくものなのです。

右手がかぶさるウィークグリップで握るとスライスが出やすい

ウィークグリップは右手が大きくかぶってしまうのが問題。テークバックは関節の向きに従って強いアップライトになる 【拡大写真】

たとえば、アマチュアに多いウィークグリップでは、どのような反応が生まれるでしょう?右手がかぶり過ぎることで、まず手首の関節の曲がる方向が歪んでしまいます。右肘もたたみにくい向きになります。この関節の自然な動きに従えば、スイングがアップライト(シャフトが立って、アウトサイドに上がる状態)になり、鋭角的なインパクトを迎え、スピン量が大きくなります。

右手が開くストロンググリップだとフックが出やすい

フックブリップでは右手のひらが上を向く。テークバックではスイング軌道がフラットになりやすい関節の向きになる 【拡大写真】

逆に、右の手のひらが大きく上を向いたようなストロンググリップ(フックグリップ)では、手首や肘の関節の方向に従って、テークバックがフラット(シャフトが寝て、インサイドに上がる状態)になりやすく、フェースの開閉が大きくなり、インパクトのタイミングが合わせにくくなります。

グリップの乱れだけでも、スイング軌道が大きく左右されてしまい、それをなんとか真っ直ぐに当てるために、ダウンスイングで小手先の調整が必要になってくるのです。グリップを整えることを無視して、スイングの改善ばかり躍起になるのは本末転倒ですよ!

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

“HOT LIST JAPAN 2017”今年の優秀なクラブたち
2017年、ゴルフギア界のご意見番たちが選ぶ今年の熱いギアは?

ドライバーショットの基本!

ドライバーショットの基本!
ドライバーショットにありがちなミスの傾向と成功のカギを動画で分かりやすく解説。

河本&藤森のGOLF開眼物語

河本&藤森のGOLF開眼物語
「次長課長」の河本準一と「オリエンタルラジオ」藤森慎吾が、中井学プロにレッスンを受ける連載

タカトシゴルふぁ~!

タカトシゴルふぁ~!
お笑い芸人コンビ”タカアンドトシ”が、さまざまな企画に挑戦していくコーナー

中井学のフラれるゴルフ

中井学のフラれるゴルフ
スイングイメージ大転換!中井学プロが送る人気のゴルフレッスン動画

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
Red Hot Tips 世界最高峰のPGAツアーで戦う選手たちに上達のヒントを聞いてみた。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

HOTLIST JAPAN 2017

注目ワード一覧 ギア
注目ワード一覧 レッスン
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス