GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
レッスン・練習

ようこそ ゲスト さん

最新ギア情報やゴルフがうまくなるレッスンが満載。

今さら聞けないスイングの基礎

スイング作りで失敗しないためのポイント ~第12回~

2016/07/25 09:00:00

自分のスイングの特徴や傾向をつかんで確かな試行錯誤を

確かな試行錯誤で上達スピードをアップ
確かな試行錯誤で上達スピードをアップ 【拡大写真】

自分の理想とする弾道を追い求めて、試行錯誤を重ねることは、ゴルフの大きな楽しみの一つです。しかし、悲しいことに、試行錯誤を重ねる度に、どんどんスイングを乱してしまい、一体、どこを直したら良いのか、路頭に迷ってしまう方も多いと思います。練習熱心なのは良いことですが、闇雲な試行錯誤は望ましくありません。

この回で最終回を迎えますが、大きな狙いとしてきたのは、弾道をコントロールするためのさまざまな方法をお伝えすることでした。そして、今さら聞けないスイングの基礎を一から振り返っていただくことで、乱すばかりの闇雲な練習から、日々上達を遂げる確かな練習へとシフトして欲しいのです。

この連載の順番通り、グリップからスイングに至るまで、基礎を身につけた上で、それでもスライスやフックの傾向が残るなら、それが自分の特徴だと考えてください。お伝えしてきたお話は、あくまで指標とすべき平均値だからです。こうした基準を踏まえた上で、自分なりのカスタマイズを試みることが、上達への確かな試行錯誤となるのです。

スイングの完成度を知るためのボックスとVゾーン

スイング中、ボックスから体が出ないこと
スイング中、ボックスから体が出ないこと 【拡大写真】

過去11回にわたって、グリップからスイングに至るまで、スイングの基礎についてお伝えしてきましたが、その完成度を知る方法が、ボックスとVゾーンです。

ボックスとは、正面から見た時の、頭のてっぺんから足元、そしてスタンスの両端を囲む四角形です。スイングの最初から最後まで、このボックスの中に体が収まっていればOK。もし、スイングのどこかで左右にハミ出るようであればNGです。

スイング軌道をチェックするVゾーンとは

スイング軌道をチェックするときは、ダウン
スイング軌道をチェックするときは、ダウンスイング時にVゾーンの間を通ること 【拡大写真】

Vゾーンとは、飛球線に対して後方から見た時、シャフトラインの延長線と、首筋とボールを結んだラインで囲まれる範囲のことを指します。スイングがこのVゾーンの中に収まっていればOK。Vゾーンの下や上に、大きくハミ出すようであればNGとなります。スマホの動画撮影などで、簡単にチェックできるので、是非ボックスとVゾーンを確認してみてください。

ボックスから外れてしまう場合は体重配分を見直そう

体重配分が偏っていると、スイング中にボッ
体重配分が偏っていると、スイング中にボックスからハミ出しやすい 【拡大写真】

スイングの動きの中で、ボックスから体がハミ出てしまうことは、望ましいこととは言えません。テークバックやフォローで、ボックスから左右に体が出るということは、すなわちスイング軸がブレていることに他なりません。スイング軸がブレれば打点もズレるので、ショットの再現性を保ちにくくなるのです。

チェックすべきはアドレス時の体重配分です。左右5対5が理想ですが、右足寄りに重心がかかっていれば、すくい上げるスイングになり、体重が右に残って、フィニッシュで右へハミ出ます。逆に、重心が左足寄りならば、ダウンスイングで体が突っ込みやすく、フォローでボックスの左にハミ出ます。(※第6回を参照ください)

右足の“第2の軸”がブレている

右足の軸がブレると、スイング中にボックス
右足の軸がブレると、スイング中にボックスからハミ出しやすい 【拡大写真】

スイングでチェックすべきところは、テークバックで背骨の軸と”第2の軸”となる右足の軸をキープできているかどうか。特に、右脚の軸が右に流れるとボックスの右にハミ出してしまいます。(※第7回を参照ください)

Vゾーンから外れる場合にはグリップを見直そう

右手の握り方でもスイング軌道が変わる
右手の握り方でもスイング軌道が変わる 【拡大写真】

ボックスが体重配分やスイング軸をチェックするのに有効なのに対し、Vゾーンは主に、スイング軌道をチェックする方法です。スイングがVゾーンから外れる場合には、主に右手グリップ、Y字の向きの乱れが原因です。

右手の親指と人差し指の作るY字は、右の首筋を指すのが理想とされる平均値です。このY字がそれよりも左を指す(ウィークグリップ)と、スイングがアップライトになり、Vゾーンの上から下りやすくなります。右の首筋より右を指す(フックグリップ)と、フラットになりVゾーンの下を通りやすくなります。(※第1回を参照ください)

体重配分がつま先寄り、もしくはかかと寄り

体の重心が前後にズレてもスイング軌道が変
体の重心が前後にズレてもスイング軌道が変わる 【拡大写真】

アドレス時の体重がつま先寄りであれば、スイングがアップライトになり、ダウンスイングでVゾーンの上を通る軌道に。かかと寄りであれば、スイングがフラットになり、Vゾーンの下を通りやすくなります。(※第6回を参照ください)

トップでの肩の回転角度が不適切

スイングトップでの肩の回転角度によっても
スイングトップでの肩の回転角度によっても軌道が変わる 【拡大写真】

トップでは、肩が90度まで回転するのが理想ですが、90度以下だとアウトサイドインの軌道になり、Vゾーンの上を通りやすくなります。90度以上だとインサイドアウトが強くなり、Vゾーンの下を通りやすくなります。(※第8回を参照ください)

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

“HOT LIST JAPAN 2016”今年の優秀なクラブたち
2016年、ゴルフギア界のご意見番たちが選ぶ今年の熱いギアは?

ドライバーショットの基本!

ドライバーショットの基本!
ドライバーショットにありがちなミスの傾向と成功のカギを動画で分かりやすく解説。

河本&藤森のGOLF開眼物語

河本&藤森のGOLF開眼物語
「次長課長」の河本準一と「オリエンタルラジオ」藤森慎吾が、中井学プロにレッスンを受ける連載

タカトシゴルふぁ~!

タカトシゴルふぁ~!
お笑い芸人コンビ”タカアンドトシ”が、さまざまな企画に挑戦していくコーナー

中井学のフラれるゴルフ

中井学のフラれるゴルフ
スイングイメージ大転換!中井学プロが送る人気のゴルフレッスン動画

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
Red Hot Tips 世界最高峰のPGAツアーで戦う選手たちに上達のヒントを聞いてみた。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。
HOTLIST JAPAN 2015


アクセス急上昇!ランキング


GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
GDOカードWキャンペーン
【スーパーストローク】
当たる!
スコアアップを手助けするゴルフレッスンスクール
練習場おトクーポン
知って得する、練習場おトクーポン!!
HOT LIST JAPAN 2015
今年の熱いギアは?HOT LIST JAPAN 2016
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入可能 !!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
いつでも・誰でも・誰とでも参加できる!
注目ワード一覧 ギア
注目ワード一覧 レッスン
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス