GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
レッスン・練習

ようこそ ゲスト さん

最新ギア情報やゴルフがうまくなるレッスンが満載。

プロの目を盗め! 視線で学ぶLESSON」

打ち下ろしアプローチの“目”を盗め! 田村尚之編

2017/05/02 12:00:00

左足下がりのラフから1パット圏内に寄せる!

【拡大写真】

グリーン奥からのアプローチ。ライもグリーン面も下り傾斜という状況は、アマチュアにとって手ごわいシチュエーションの一つだろう。ショートは嫌だと強めに入ってホームラン、上げようとしてザックリやチョロ…。今回はこのミスが頻出する状況でのアプローチ術を、元最強アマ・田村尚之プロに学ぶ。

この状況は例外…!?

前回、「アプローチは“的当てゲーム”」とたとえて、ピンの根元に落とすのが基本イメージと言っていた田村プロ。だが、打ち下ろしの場合は転がりを計算しているのか、ピンより手前を見ている模様。この状況は例外なのだろうか…!?

「転がし」<「上げる」という考え方は同じ!

【拡大写真】

(以下、田村尚之プロの解説)
この場面でもなるべく転がさずにピンを攻めるという、私のアプローチの考え方は同じです。それは、どのくらい転がるのかが見た目だけではとても計算しにくいからです。グリーン面が下り傾斜なので、ピン狙いでは当然オーバーします。ですから、ピンより手前を狙いますが、これは転がしを計算するというより、なるべく転がらない平らなところを選んで落とすということをしています。

「長く転がさない」が寄せの一手!

【拡大写真】

この状況で多くのアマチュアは、エッジギリギリを狙って、できるだけ長く転がすというイメージをすると思います。ですが、グリーン面をよく見るとエッジ周辺は傾斜がとてもきつくなっています。ここに落とせば強くバウンドし、その先どれほど転がるのかまったく計算ができません。私の攻め方は、ピン手前の平らなところにアバウトに落とすだけ。実にシンプルな攻め方です。

絶対上げようとしてはダメ!

【拡大写真】

ここでやりがちなミスは、手前のラフを越えようと球を上げることを強く意識することです。上げようとすればするほど、インパクト前にヘッドが傾斜に当たり、大きくダフってチョロやトップといったミスを招きます。どんな傾斜でもなるべく平地のように振れることがベスト! 左足下がりのライでも、地面とクラブが垂直になるように構え、絶対に球を上げようとせず振っていきましょう!

打ち下ろしアプローチ、プロ目線をおさらい

【ここを盗め!】
・落としどころは傾斜の緩やかなところ!
・地面とクラブが垂直になるよう構える
・球を上げようとしない!

ウェアラブル型アイトラッキング
Tobii Pro グラス2
視線を可視化し、消費者の無意識を捉えられるアイトラッキング(視線計測)。商品パッケージ、店頭(売場のレイアウト、棚割、販促物、POPなど)、広告(チラシ、テレビCM、新聞・雑誌広告など)、ユーザビリティ(WEB・スマホ、製品、ATM)などの効果的なマーケティング調査として利用され、昨今では熟練者の技能伝承での活用も高まっている。
トビー・テクノロジー

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

“HOT LIST JAPAN 2017”今年の優秀なクラブたち
2017年、ゴルフギア界のご意見番たちが選ぶ今年の熱いギアは?

ドライバーショットの基本!

ドライバーショットの基本!
ドライバーショットにありがちなミスの傾向と成功のカギを動画で分かりやすく解説。

河本&藤森のGOLF開眼物語

河本&藤森のGOLF開眼物語
「次長課長」の河本準一と「オリエンタルラジオ」藤森慎吾が、中井学プロにレッスンを受ける連載

タカトシゴルふぁ~!

タカトシゴルふぁ~!
お笑い芸人コンビ”タカアンドトシ”が、さまざまな企画に挑戦していくコーナー

中井学のフラれるゴルフ

中井学のフラれるゴルフ
スイングイメージ大転換!中井学プロが送る人気のゴルフレッスン動画

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
Red Hot Tips 世界最高峰のPGAツアーで戦う選手たちに上達のヒントを聞いてみた。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。
HOTLIST JAPAN 2017

注目ワード一覧 ギア
注目ワード一覧 レッスン
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス