GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
レッスン・練習

ようこそ ゲスト さん

最新ギア情報やゴルフがうまくなるレッスンが満載。

女子プロ・ゴルフレスキュー

“調子の波を抑えるには?” 大山亜由美

2017/05/07 18:00:00

“不調なときの対処法”をレスキュー♪

【拡大写真】

【アマチュアゴルファーDさんの悩み】
「ドライバーが突如不調になってしまうことが多く、ゴルフになりません。チョロにチーピンにダフリ、一度出てしまうと焦って何度も同じミスの繰り返し。どうしたら元に戻すことができますか?」

大山亜由美のレスキュー回答】
「いつもの自分のスイングができていない」と思うことは、プロでも日常茶飯事です。ロボットではないので、好調時のスイングを変わらずキープし続けることは不可能。ですので、ドライバーに限らずアイアンでもアプローチでも、不調なときに大きなミスが出ないよう最低限のチェックが必要となります。

対応するなら、“スイング”より“アドレス”!

【拡大写真】

突然の不調には多くの要因があげられますが、スイング自体をその日一日で直すことは非常に難しいです。無理に修正しようとすれば、余計悪い方向に陥ってしまうケースがほとんど。直すなら根気強く長い期間の練習が必要です。

“両肩の傾き”と“スタンス幅”を一定に!

【拡大写真】

そこでおすすめなのは、アドレスの修正法です。ポイントは、“両肩の傾き”と“スタンス幅”の2点。百戦錬磨のツアープロでも、毎回この2点を一定にしておくことは困難です。逆にいえば、常にこの2点を意識すれば、不調の波を最小限に抑えることができるといえます。

連動している2つのポイント

【拡大写真】

“両肩の傾き”と“スタンス幅”は、別のことを言っているようで、実は連動しています。“両肩の傾き”が右に傾きすぎると、自然と“スタンス幅”は広くなってしまいます。逆に“両肩の傾き”が左に傾きすぎると、“スタンス幅”は狭くなってしまうのです。

両肩は“平行寄り”がGood!

【拡大写真】

“両肩の傾き”はなるべく平行に近い状態で、やや右に傾くくらいがベストです。力が入っていると、左肩が上がってしまうことが多く、これが極端なアッパースイングや、軸が右に傾いてしまう原因となってしまいます。両肩を脱力させ、自然な状態でやや右に傾きをとることを心がけてみてください♪

まとめは動画でCheck!!

取材協力/島津ゴルフ倶楽部

【拡大写真】

大山亜由美(おおやま・あゆみ)
1994年生まれ、鹿児島県出身。高校時代に出場した2011年の国体で2位に入るなど輝かしい経歴を持つ。2015年プロテスト合格。今季はステップアップツアーを主戦場にレギュラーツアーを目指す

直近ニュース

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

“HOT LIST JAPAN 2017”今年の優秀なクラブたち
2017年、ゴルフギア界のご意見番たちが選ぶ今年の熱いギアは?

ドライバーショットの基本!

ドライバーショットの基本!
ドライバーショットにありがちなミスの傾向と成功のカギを動画で分かりやすく解説。

河本&藤森のGOLF開眼物語

河本&藤森のGOLF開眼物語
「次長課長」の河本準一と「オリエンタルラジオ」藤森慎吾が、中井学プロにレッスンを受ける連載

タカトシゴルふぁ~!

タカトシゴルふぁ~!
お笑い芸人コンビ”タカアンドトシ”が、さまざまな企画に挑戦していくコーナー

中井学のフラれるゴルフ

中井学のフラれるゴルフ
スイングイメージ大転換!中井学プロが送る人気のゴルフレッスン動画

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
Red Hot Tips 世界最高峰のPGAツアーで戦う選手たちに上達のヒントを聞いてみた。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

HOTLIST JAPAN 2017

注目ワード一覧 ギア
注目ワード一覧 レッスン
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス