GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
レッスン・練習

ようこそ ゲスト さん

最新ギア情報やゴルフがうまくなるレッスンが満載。

女子プロ・ゴルフレスキュー

“ポニーテールが目安♪ ショットの安定感を高めるには?” 大山亜由美

2017/05/14 18:00:00

“ショートアイアンの脱引っかけ”をレスキュー!

【拡大写真】

【アマチュアゴルファーMさんの悩み】
「ショートアイアンの引っかけで悩んでいます。勝負どころではいつもグリーンを左に外し、結局ボギーセーブがやっと…。バシッと一発でピン側に寄せるにはどうすればいいですか?」

大山亜由美のレスキュー回答】
ショートアイアンを成功させるコツは、フィニッシュをしっかり決めて、何があってもそこまで振り切る意識を持つことです。

インパクトに集中しすぎ!?

【拡大写真】

アマチュアの皆さんがショートアイアンをミスするときは、大体引っかけやダフリでヘッドを地面に打ちつけ、フィニッシュまでたどり着かないことが多いです。原因は、ボールにきれいにヒットすることだけに集中して、インパクトへの意識が強すぎてしまうからです。

“ポニーテール”に触れればOK!

【拡大写真】

多少スイング中にバランスを崩したとしても、フィニッシュが取れていればミスの幅は最小限に抑えられます。コツは、自分なりの目安をつくること。私の場合は、ポニーテールに縛っている後ろ髪に、クラブのシャフトが軽く触れているかどうかで決めています。

フィニッシュが決まればミスは減る!

【拡大写真】

理想のフィニッシュは、ポニーテールに軽く触れる腕の収まり方です。そこにクラブが収まっていれば、どんなに悪いスイングをしたとしても、ある程度許せる範囲の軌道でクラブが動いてくれている目安になるのです。

「上」はフラットすぎ! 「下」はアッパーすぎ!!

【拡大写真】

ポニーテールよりシャフトが「上」にくると、軌道がフラットすぎている証拠と考えています。スイングが横振りになり、引っかけなどの原因につながります。逆にポニーテールより「下」ですと、アッパー軌道が強く、ダフリなどのミスにつながります。

まとめは動画でCheck!!

取材協力/島津ゴルフ倶楽部

【拡大写真】

大山亜由美(おおやま・あゆみ)
1994年生まれ、鹿児島県出身。高校時代に出場した2011年の国体で2位に入るなど輝かしい経歴を持つ。2015年プロテスト合格。今季はステップアップツアーを主戦場にレギュラーツアーを目指す

関連リンク

直近ニュース

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

“HOT LIST JAPAN 2017”今年の優秀なクラブたち
2017年、ゴルフギア界のご意見番たちが選ぶ今年の熱いギアは?

ドライバーショットの基本!

ドライバーショットの基本!
ドライバーショットにありがちなミスの傾向と成功のカギを動画で分かりやすく解説。

河本&藤森のGOLF開眼物語

河本&藤森のGOLF開眼物語
「次長課長」の河本準一と「オリエンタルラジオ」藤森慎吾が、中井学プロにレッスンを受ける連載

タカトシゴルふぁ~!

タカトシゴルふぁ~!
お笑い芸人コンビ”タカアンドトシ”が、さまざまな企画に挑戦していくコーナー

中井学のフラれるゴルフ

中井学のフラれるゴルフ
スイングイメージ大転換!中井学プロが送る人気のゴルフレッスン動画

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
Red Hot Tips 世界最高峰のPGAツアーで戦う選手たちに上達のヒントを聞いてみた。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

HOTLIST JAPAN 2017

注目ワード一覧 ギア
注目ワード一覧 レッスン
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス