GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
レッスン・練習

ようこそ ゲスト さん

最新ギア情報やゴルフがうまくなるレッスンが満載。

女子プロ・ゴルフレスキュー

“ショートパットが入るようになる「頭くっつけドリル」” 大山亜由美

2017/06/18 17:35:56

“パッティングの練習法”をレスキュー♪

【拡大写真】

【アマチュアゴルファーDさんの悩み】
「1ピン以内のショートパットのカップイン率をもっと上げたいと思っています。どんな練習メニューが効果的ですか?」

大山亜由美のレスキュー回答】
ショートパットで大切にしていることは、絶対に体の軸を最後まで動かさないことです。今回は本番で軸がブレてしまわないために、おすすめの練習法をご紹介します。

壁に頭をつけたままストローク練習法

【拡大写真】

ショートパットではどうしても結果が気になり、インパクト直後に頭を上げてしまいがちです。ショートパットでのミスの主な原因は、このヘッドアップ。これを防ぐために効果的な練習法が、壁に頭をつけたままストロークする練習法です。

“軸”をキープさせる動きが身につく

【拡大写真】

ショートパットが苦手な人は、ストロークの動きをすると、体の軸が右へ左へ傾いてしまいます。頭を壁につける練習法は、軸を固定させることで、ストローク中どのタイミングで軸がブレているのかを確認することができるのです。

ストロークの基本は“イン・トゥ・イン”

【拡大写真】

また、ヘッドを真っすぐ出そうと意識しすぎて、肩の動きがぎこちなくなってしまうのも注意ポイントです。ストロークもショットと同じく、支点は体の中心ですから、どんなに大型ヘッドで真っすぐ動いているように見えても、緩やかに弧を描いている“イン・トゥ・イン”の動きが正解なのです。

上半身の回転を体感できる!

1ピン以内の距離でも、これだけ肩が回転している 【拡大写真】

ヘッドが真っすぐ動いている時間は、インパクト付近のほんの一瞬です。1m以内のショートパットだとしても、ショットのスイングと同じく、上半身はしっかり回転させるべきです。天秤のようにパターを吊ったまま動かしていては、安定したストロークは身につきません。

この「頭くっつきドリル」では、体の軸を感じられるとともに、上半身の回転をしっかり体感できるので、正しいストロークが身につくのです。ぜひ皆さんも、頭をくっつけて練習してみてください♪

【今回のまとめ】 ショートパット練習法のレスキュー♪

・壁に頭をつけるドリルがおすすめ!
・軸のブレを確認できる
・上半身を回転させる動きが身につく

取材協力/島津ゴルフ倶楽部

【拡大写真】

大山亜由美(おおやま・あゆみ)
1994年生まれ、鹿児島県出身。高校時代に出場した2011年の国体で2位に入るなど輝かしい経歴を持つ。2015年プロテスト合格。今季はステップアップツアーを主戦場にレギュラーツアーを目指す

関連リンク

直近ニュース

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

“HOT LIST JAPAN 2017”今年の優秀なクラブたち
2017年、ゴルフギア界のご意見番たちが選ぶ今年の熱いギアは?

ドライバーショットの基本!

ドライバーショットの基本!
ドライバーショットにありがちなミスの傾向と成功のカギを動画で分かりやすく解説。

河本&藤森のGOLF開眼物語

河本&藤森のGOLF開眼物語
「次長課長」の河本準一と「オリエンタルラジオ」藤森慎吾が、中井学プロにレッスンを受ける連載

タカトシゴルふぁ~!

タカトシゴルふぁ~!
お笑い芸人コンビ”タカアンドトシ”が、さまざまな企画に挑戦していくコーナー

中井学のフラれるゴルフ

中井学のフラれるゴルフ
スイングイメージ大転換!中井学プロが送る人気のゴルフレッスン動画

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
Red Hot Tips 世界最高峰のPGAツアーで戦う選手たちに上達のヒントを聞いてみた。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

HOTLIST JAPAN 2017

注目ワード一覧 ギア
注目ワード一覧 レッスン
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス