GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
レッスン・練習

ようこそ ゲスト さん

最新ギア情報やゴルフがうまくなるレッスンが満載。

女子プロ・ゴルフレスキュー

“ドライバーでも「ダウンブロー」でOK” 加賀其真美

2017/07/09 18:00:00

“方向性アップ”をレスキュー♪

【拡大写真】

【アマチュアゴルファーNさんの悩み】
「狭いホールでも自信をもってドライバーを使いたいです。飛距離を落とさず方向性を高めるにはどうしたら良いでしょうか?」

加賀其真美のレスキュー回答】
方向性を優先しつつ、飛距離も落としたくないーーそんなときに私がやっているポイントは「ダウンブロー」で打つことです。「ダウンブロー」と聞くと難しいイメージですが、とても簡単にマネできる打ち方をお教えします♪

ティは低めに、グリップは短めに♪

【拡大写真】

まずはセットアップですが、2つのポイントがあります。1つは“ティアップ”を低くすること。2つ目は、“グリップ”を短く握ることです。ティを短くすることで、よりアイアンに近い軌道で打つことができます。また、クラブを短く握ることで、ボールを正確にミートしやすくなるのです。

“サイドスピン”を減らすのが目的!

【拡大写真】

アイアンでなくドライバーなのに「なぜ、ダウンブローなの?」と思われる方も多くいると思いますが、あえてアイアンのように打つことで、バックスピン量を増やし、サイドスピン量を減らすことが目的です。そうすることで、ボールは左右に散らばりにくくなるのです。

打った直後に右足を一歩踏み出すイメージで

【拡大写真】

「ダウンブロー」で打つには、しっかりと左に乗ることを意識してください。しっかりと左に乗るためにおすすめなのが、打った直後に右足を一歩踏み出すイメージを持つこと。これにより、体重をしっかり左へ乗せることができます。

軸がブレず、飛距離も落ちない!

【拡大写真】

一歩体を前に出す姿勢を取ることで、インパクト時に、体の軸がブレずに左ワキが締まった状態でボールを打つことができます。これによってボールをしっかりつかまえることができるため、飛距離を落とすことなく、方向性をアップさせることができるのです。

【今回のまとめ】方向性アップのレスキュー♪

・ドライバーでも「ダウンブロー」でOK
・ティは低めに挿す
・グリップは短めに握る
・打った直後に右足を一歩踏み出すイメージ

取材協力/カレドニアン・ゴルフクラブ

【拡大写真】

加賀其真美(かがその・まみ)
1991年生まれ、福岡県出身。父の影響で12歳からゴルフをはじめ、ゴルフの強豪校・沖学園へ進学。2012年にプロテスト合格。今季はステップアップツアーを中心にレギュラーツアーにも参戦。シード獲得を目指す

関連リンク

直近ニュース

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

“HOT LIST JAPAN 2017”今年の優秀なクラブたち
2017年、ゴルフギア界のご意見番たちが選ぶ今年の熱いギアは?

ドライバーショットの基本!

ドライバーショットの基本!
ドライバーショットにありがちなミスの傾向と成功のカギを動画で分かりやすく解説。

河本&藤森のGOLF開眼物語

河本&藤森のGOLF開眼物語
「次長課長」の河本準一と「オリエンタルラジオ」藤森慎吾が、中井学プロにレッスンを受ける連載

タカトシゴルふぁ~!

タカトシゴルふぁ~!
お笑い芸人コンビ”タカアンドトシ”が、さまざまな企画に挑戦していくコーナー

中井学のフラれるゴルフ

中井学のフラれるゴルフ
スイングイメージ大転換!中井学プロが送る人気のゴルフレッスン動画

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
Red Hot Tips 世界最高峰のPGAツアーで戦う選手たちに上達のヒントを聞いてみた。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

HOTLIST JAPAN 2017

注目ワード一覧 ギア
注目ワード一覧 レッスン
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス