GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
レッスン・練習

ようこそ ゲスト さん

最新ギア情報やゴルフがうまくなるレッスンが満載。

女子プロ・ゴルフレスキュー

ベルトを回してフェアウェイウッドの苦手克服! 加賀其真美

2017/07/16 18:00:00

“FWの成功率”をレスキュー♪

【拡大写真】

【アマチュアゴルファーDさんの悩み】
「平らなライでも直接芝の上から打つとなると、フェアウェイウッド(以下、FW)に自信が持てません。どんなことに気を付ければ良いですか?」

加賀其真美のレスキュー回答】
私はFWを使うとき、気を付けていることが2点あります。1点は“ボール位置”。もう1点は“スイングイメージ”です。

【1.ボール位置】“右足寄り”はミスのもと!

【拡大写真】

まずは、1点目の“ボール位置”について。ティショットとは違い、芝の上から直接打つFWでは「クリーンに当てたい」という思いから、ボールを右足寄りに置く人が結構いらっしゃいます。ですが、これがミスの原因に…。

ボール2個分“左足寄り”が正解!

【拡大写真】

右足寄りに置くと、インパクトで体重移動がしにくく、フェースが戻りきらず開いたまま当たりやすいのです。最初は「当たらなそう」と不安に思うかもしれませんが、真ん中より左足寄りに置くことが成功率を上げるコツです。FWの長さに合ったボール位置、だいたい真ん中より2個分左足寄りに置くのが正しいセットです。

【2.スイングイメージ】体を水平に回す

【拡大写真】

もう1点は“スイングイメージ”です。FWで常に意識するのは、体を水平に回すことをイメージします。FWでよく起きるダフりやトップは、体の右サイドが下がりすぎて、クラブがインサイドから入ってしまうためと考えられます。

“ベルト”を水平に保つ意識で打つ!

【拡大写真】

意識するのは、“ベルト”です。スイング中は、腰に巻いている“ベルト”を水平に保って、回転させるように体を動かしています。そうすることで、上体を上下することなく、水平に回しやすくなります。皆さんも“ベルト”を意識してFWを打ってみてください♪

【今回のまとめ】 “FWの成功率”をレスキュー♪

・ボールは真ん中より2個分“左足寄り”が正解
・体を水平に回転させるイメージ
・“ベルト”を水平に保つ

取材協力/カレドニアン・ゴルフクラブ

【拡大写真】

加賀其真美(かがその・まみ)
1991年生まれ、福岡県出身。父の影響で12歳からゴルフをはじめ、ゴルフの強豪校沖学園へ進学。2012年にプロテスト合格。今季はステップアップツアーを中心にレギュラーツアーにも参戦。シード獲得を目指す

関連リンク

直近ニュース

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

“HOT LIST JAPAN 2017”今年の優秀なクラブたち
2017年、ゴルフギア界のご意見番たちが選ぶ今年の熱いギアは?

ドライバーショットの基本!

ドライバーショットの基本!
ドライバーショットにありがちなミスの傾向と成功のカギを動画で分かりやすく解説。

河本&藤森のGOLF開眼物語

河本&藤森のGOLF開眼物語
「次長課長」の河本準一と「オリエンタルラジオ」藤森慎吾が、中井学プロにレッスンを受ける連載

タカトシゴルふぁ~!

タカトシゴルふぁ~!
お笑い芸人コンビ”タカアンドトシ”が、さまざまな企画に挑戦していくコーナー

中井学のフラれるゴルフ

中井学のフラれるゴルフ
スイングイメージ大転換!中井学プロが送る人気のゴルフレッスン動画

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
Red Hot Tips 世界最高峰のPGAツアーで戦う選手たちに上達のヒントを聞いてみた。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

HOTLIST JAPAN 2017

注目ワード一覧 ギア
注目ワード一覧 レッスン
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス