ギア情報
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは名器だけじゃない!中古ドライバーの選び方 フッカー編

中古ギア情報

名器だけじゃない!中古ドライバーの選び方 フッカー編

先週のスライサー編に続き、今週はフッカー編。フッカー向けのドライバーは、スライサー向けドライバーに比べ、随分と選択肢が増える。これは昨今のクラブヘッドの大型化によるものが大きい。クラブヘッドが大きくなると必然的に重心距離(シャフト軸線上からヘッドの重心までの距離)が長くなってしまうためだ。ヘッドの容量(大きさ)が460ccとルールで定められたため、460cc以上の大型化がルール上できなくなった。実際これ以上の大型化は重心距離が極端に長くなるとか、大型化の違和感、空気抵抗などで、実際あまりメリットがない。重心距離が長すぎるとボールの捕まりが悪くなるのだ。すなわちフックしにくくなる。数値的には重心距離39mm以上のヘッドを選びたい。

そしてもう一つ大切なのはフェース角。もちろんこれはオープンフェースなものほど、フックしにくくなる。数値的には-0.5度で、人間の視覚ではスクエアに見えるらしい。マイナスの度合いが強くなるとオープンフェースということになり、これがマイナスな分だけフックしにくくなる。例えばテーラーメイドのツアーバーナーTPなどは、重心距離が39.7mmだが、オープンフェースなものが多い。低重心で飛距離も期待出来る。シャフトが、ランバックスやディアマナなどイロイロ選べて価格もお手頃なのでお勧めだ。これでもフックするというなら、市販クラブの中でも重心距離が最長クラスなピンのG10はどうだろうか。なんと重心距離は43.2mmと破格。しっかり捕まえに行ってもチーピンが出にくい仕様になっている。しかもピンのクラブは最新モデルじゃなくても不思議と古く見えないため中古向きだ。

なお、ゴルフクラブは基本的にシャフトでも球筋を調整することは可能、しかしボールの球筋を決めるのはなんといってもクラブヘッドである。特性を知ることで、中古クラブ選びも失敗が少なくなるはずだ。

おすすめ記事通知を受け取る

こんな記事もあります

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

ギア&アイテム

ギアカタログ ゴルフクラブの画像、スペック、クチコミを調べたいなら!
試打インプレッション クラブアナリストのマーク金井氏が人気のゴルフクラブを徹底分析。
新製品レポート GDO編集員が注目のゴルフクラブを試打レポート。
一刀両断 金谷多一郎プロが試打を元にゴルフクラブの性能を徹底検証。
中古ギア情報 中古市場やツアープロの流行りから、気になる中古ゴルフクラブをピックアップ。
シャフトでこんなに変わるんだ! シャフトに悩む被験者を立てて、シャフトフィッティングの仕方を伝授。
いきつけのゴルフ工房を見つけて職人の技をあなたの14本に

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス