レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはグリップを作るのは、アドレスに「入る前」or「入った後」、どっち?/教えて牧野裕編

正解はどっち?

グリップを作るのは、アドレスに「入る前」or「入った後」、どっち?/教えて牧野裕編

タイガーは『入る前』派!

タイガー・ウッズなどは、両手でグリップを握った状態でボールに近づいていき、グリップを決めたままアドレスに入りますよね。タイガーがそうかはわかりませんが、例えば私のようにボールの先にスパットを設定せず、ボールの落とし所や遠くの目標に対して体の向きを合わせる人もいるはずです。

『入る前』だと、スクエアに構えやすい!

グリップを作ってからアドレスに入ることで、アドレスに入ってからはグリップへの意識が薄れ、その分立ち位置へ意識を集中できます。アドレスに『入る前』派は、肩、胸、腰、膝のラインをスクエアに揃えやすいという利点があるのです。

しっくり来るほうをチョイス!

例えば、アドレスで目標に対してスクエアに構えられないという人には、グリップを作ってからアドレスに入るのもよいでしょう。練習やラウンドで両方やってみて、自分にどっちの方法が合うのかを探すのもよいですね。最初にお話ししたように“どちらが正解”と言うわけではなく、自分にとってしっくり気持ちよくショットに入っていけるのであれば、それがプレーヤーにとって最適な手順なのです」。

解説/牧野裕
1956年2月17日、東京都生まれ。12歳からゴルフを始める。日本大学のゴルフ部出身で81年にプロツアーデビュー。92年の「フジサンケイクラシック」、「ダイドー静岡オープン」など、レギュラーツアー4勝、プロ通算8勝をマーク。千葉テレビで放送中の「牧野裕のEnjoy Golf」は09年から続く人気のゴルフ番組

撮影協力/マンシングウェア、袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス