レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはドローとフェード、意識するところはどう違う? 井上りこ

女子プロ・ゴルフレスキュー

井上りこ'sレスキュー
ドローとフェード、意識するところはどう違う? 井上りこ

「球筋の打ち分け」をレスキュー♪

【アマチュアゴルファーGさんの悩み】
「ドローとフェードを打ち分けたいとき、注意するポイントは違うのでしょうか?」

井上りこのレスキュー回答】
ドローとフェードで、ポイントは異なります。基本的に振り方は一緒といわれていますが、スイングする前に意識するポイントを変えることで、ヘッド軌道や弾道が自然と変わってくると思っています。

1. ドローでもオープンで構える

私はドローでもフェードでもストレートでもオープンスタンスで構えています。打ち出す弾道が視野に入り、ボールをより操作できるイメージがもてるからです。クローズでは曲げる意識が強すぎて、右肩が前に出てしまうので、これを防ぎます。

2. ドローを打つ前に“影”をチェックする

ドローを打つポイントは、頭の動きを止めることです。頭が左右に倒れると体の軸がブレて、引っかけやスライスの原因に…。素振りのときに自分の影を探し、頭を動かさないで振る練習をします。

3. フェードではお尻を突き出す

フェードを打つ際は、前傾角度のキープを強く意識します。通常よりクラブを左方向へ振っていくイメージをもつため、手元のスペースを確保することが求められるからです。いつも以上に、お尻を後ろに突き出す意識をもちましょう。

4. フェードでは“手首”の角度を保つ

フェードを打つポイントは、手首の角度(コック)を維持することです。手首の角度が崩れるとヘッド軌道がインサイドから入り、ダフリやプッシュアウトを引き起こします。ヘッドが正面にあるときは、手首の角度を変えないように意識しましょう♪

【今回のまとめ】ドローは“影” フェードは“手首”をCheck

・ドローでもオープンで構える。
・ドローを打つ前に影をチェックする。
・フェードではお尻を突き出す。
・フェードでは手首の角度を保つ。

取材協力/鬼ノ城ゴルフ倶楽部

井上りこ'sレスキュー 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

井上りこ(いのうえ・りこ) プロフィール

1993年4月10日生まれ、福岡県出身。実家がゴルフ練習場を営んでいたこともあり、9歳でゴルフをはじめ、坂田塾で腕を磨く。沖学園高校、大手前大学と進み、2017年にプロテスト合格。今年7月のステップアップツアーで初優勝。来季はレギュラーツアーでの活躍を目指す。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス