レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは左足上がり・下がりを改善!アプローチ攻略法 斉藤愛璃

女子プロ・ゴルフレスキュー

斉藤愛璃'sレスキュー
左足上がり・下がりを改善!アプローチ攻略法 斉藤愛璃

「グリーン周りの傾斜克服」をレスキュー♪

【アマチュアゴルファーXさんの悩み】
「先日のラウンドで、グリーン周りの左足上がり・下がりが苦手なことに気が付きました。ザックリやトップのミスを防ぐには、どうすれば良いですか?」

斉藤愛璃のレスキュー回答】
左足上がりと左足下がりの傾斜は、それぞれ起こりやすいミスに応じた打ち方が求められます。それほど難しい内容ではないので、一度覚えれば習得できます。どちらも明日のラウンドで使える実戦向きの攻略法ですので、ぜひ試してみてください。

1.【左足上がり】重力に垂直に構える

左足上がりはフォローでヘッドが抜けにくく、距離がショートしやすい状況です。アドレスではスタンスの向きをオープンにし、ヘッドが抜ける空間を作ります。体の軸は傾斜に沿うのではなく、重力に対して垂直に構えることが重要です。

2.【左足上がり】ボールを包み込むイメージ

左足上がりでは、フォローでヘッドが抜けにくい分、フェースが開いたままボールに当たりやすくなります。前回の薄芝対策と同様に、フェースでボールを包み込むイメージを持ちましょう。当たりが薄くなる心配がなくなり、イメージした距離感でボールを運ぶことができます。

3.【左足下がり】傾斜に沿って構える

左足下がりは、左足上がりとは逆に、インパクト前にヘッドが着地しやすく、ダフリのミスが出やすい状況です。ボールにヘッドを確実に当てる状況をつくるため、左足下がりとは異なり、体の軸を傾斜に沿って傾け、左足体重で構えます。

4.【左足下がり】フォローを低く取る

左足下がりの打ち方で意識することは、無理にボールを上げようとはせず、フォローを低く取る意識を持つことです。ショット直前に、フォローだけで芝をこする素振りがおすすめ。低いフォローを体現させることが目的で、ダフリやトップを防ぐ効果的な対策法となりますよ♪

【今回のまとめ】上がりは垂直・下がりは傾斜なり

■ 左足上がり

・重力に垂直に構える。
・ボールを包み込むイメージ。

■ 左足下がり

・傾斜に沿って構える。
・フォローを低く取る。

取材協力/千葉セントラルゴルフクラブ

斉藤愛璃'sレスキュー 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

斉藤愛璃(さいとう・あいり) プロフィール

1989年生まれ、神奈川県出身。父親の影響で8歳からゴルフを始め、2011年にプロテスト合格。12年の開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」で初優勝。ツアー11戦目での優勝は当時の日本人では最速記録。今季はオフに磨きをかけたショートゲームを武器に、ツアーでの活躍を誓う。程ヶ谷カントリー倶楽部所属。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス