レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはスライス&フックラインの打ち方 一番の違いは? 上野陽向

女子プロ・ゴルフレスキュー

上野陽向'sレスキュー
スライス&フックラインの打ち方 一番の違いは? 上野陽向

「曲がるラインのパッティング対策」をレスキュー♪

【アマチュアゴルファーKさんの悩み】
「曲がるラインが大の苦手です。スライスとフック、それぞれのパッティングで気をつけていることはありますか?」

上野陽向のレスキュー回答】
実は、私も以前はスライスラインが苦手でした。打ち出した瞬間に曲がってしまい、毎度ラインを外れてカップに寄っていませんでしたが、アドレス時にちょっとした意識を変えることで克服でき、いまでは得意なシチュエーションになりました。

1. 一番の違いは「手元」の位置

意識を変えたのは手元のポジションです。ストレートラインに比べて、スライスラインはボールがつかまりにくく、フックラインは逆につかまりやすい傾向にあります。それぞれの状況に合わせて、つかまる度合いを微調整することが狙いです。

2. スライスラインは手元を下げる

ボールがつかまりにくいスライスラインでは、手元を少しだけ下げて、ハンドダウンに構えます。自然とパターのトウ側が浮き、つかまりやすい状況をつくることが目的です。

3. フックラインは手元そのまま

ボールがつかまりやすいフックラインでは、手元は通常時と同じまま。あえて逃がす状況をつくるのではなく、確実にラインに沿って打ち出せる安定感が重要です。ボールを少し左足寄りに置き、スタンス幅を広めに取ればOKです。

【今回のまとめ】手元を調整してパット巧者に♪

・一番の違いは手元の位置。
・スライスラインは手元を下げる
・フックラインは手元そのまま

取材協力/飯能ゴルフクラブ

上野陽向'sレスキュー 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

上野陽向(うえの・ひなた) プロフィール

1998年生まれ、埼玉県出身。小学校の6年間はソフトボールに打ち込み、10歳の頃に父の勧めでクラブを握る。2014年に「埼玉県ジュニアゴルフ選手権」で優勝。今季21年のプロテスト合格を目指し、日々奮闘中。プロ野球好きで、読売ジャイアンツの大ファン。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス