レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはアプローチのフォロー取りすぎていませんか? 佐久間夏美

女子プロ・ゴルフレスキュー

佐久間夏美'sレスキュー
アプローチのフォロー取りすぎていませんか? 佐久間夏美

「安定しないアプローチショット」をレスキュー♪

アプローチのフォロー取りすぎていませんか? 佐久間夏美がレスキュー♪

【アマチュアゴルファーKさんの悩み】
「15~30ydのアプローチが苦手です。ダフリやトップのミスを減らすには、どうすれば良いでしょうか?」

【佐久間夏美のレスキュー回答】
やや中距離のアプローチが苦手なゴルファーは、ヘッドの動かし方を意識しすぎているように感じます。特にフォローの意識が強い人は要注意。「テークバックとフォローの振り幅は1対1」という意識が強すぎると、安定感を欠く要因になるので気をつけましょう。

1. フォローは最低限に抑える

おすすめなのは“ボールを打ったら終わり”という意識で、フォローをなるべく取らない打ち方です。ウェッジはロフト角が大きく、そもそもフェースが寝ているため、ボールにしっかりコンタクトできれば十分な高さを出すことができます。

2. インパクトの調整がミスにつながる

フォローを最低限に抑える理由は、ヘッドを出そうと思えば思うほど、無意識にインパクトの強さを調整してしまうからです。それによって両腕が緩んだり、ボールを上げようと体の右サイドが下がったりして、出球の高さがバラついてしまいます。

3. 体重配分は6(左足)対4(右足)

アドレス時の体重配分も重要です。グリップは左手よりも右手が下にくる分、左右5対5の均等な意識では、右サイドが下がる動きを抑え切れません。おすすめは左6対右4。やや左足体重の意識が、適度な出球の高さをキープできるポイントですよ♪

【今回のまとめ】打ったら終わり♪

・フォローは最低限に抑える。
インパクトの調整がミスにつながる。
・体重配分は6(左足)対4(右足)

取材協力/カレドニアン・ゴルフクラブ

佐久間夏美'sレスキュー 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

佐久間夏美(さくま・なつみ) プロフィール

1999年生まれ、茨城県出身。プロゴルファーの姉・綾女(あやめ)の影響で9歳からゴルフを始め、現在はプロテスト挑戦中。BS人気番組「ゴルフサバイバル」「白金台女子ゴルフ部」「ゴルフ 天下!たい平」に出演して人気急上昇。趣味はトレーニングの一環として行っているキックボクシング。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス