レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは3種類の高さを打ち分けるアプローチ練習法 桑木志帆

女子プロ・ゴルフレスキュー

桑木志帆'sレスキュー
3種類の高さを打ち分けるアプローチ練習法 桑木志帆

「アプローチがなかなか上達しない人」をレスキュー♪

3種類の高さを打ち分けるアプローチ練習法 桑木志帆がレスキュー♪

【アマチュアゴルファーOさんの悩み】
「基本的なアプローチショットはマスターしていますが、プロのようにどんな状況でも寄せられる技量が身につきません。どのような練習をすれば上達しますか?」

桑木志帆のレスキュー回答】
アプローチショットは、ピンまでの距離やボールの落とし所によって、同じクラブでもボールの高さを打ち分けなければいけません。状況に応じたショットを練習しておくことで、よりシンプルにやさしくショートゲームを組み立てることができます。今回は、アプローチ技術がグーン!とアップする高さを打ち分ける練習法をお教えします。

1. 同じウェッジで3種類を打ち分ける

「通常の高さ=ノーマル」「高い球」「低い球」と、基本となる3つの高さを打ち分けましょう。ポイントは、ボールの位置とフォローでのヘッドの高さの2つのみ。特に打ち方やクラブの使い方は意識せず、この2点に絞って練習しましょう。

2. ボール&ヘッドの目安はわかりやすく

ノーマルの高さでは、ボールを体の中央にセットします。低く出したいときは右足、反対に高く上げたいときは左足の前に。フォローでのヘッドの高さは、低い球はひざ下まで。高い球は胸元あたりまで上げます。

3. “5yd刻み”の距離感が磨かれる

高さを打ち分ける練習を繰り返すことで、自然と距離感が磨かれます。ノーマルの目安は15yd、低い球は20yd、高い球は10yd。ボールの位置とフォローを変えるだけで、5yd刻みの打ち分けが可能になります。

【今回のまとめ】技術を磨くならコツコツ機械的に反復練習♪

ボール位置&フォローの高さを変える。
・ボール位置の目安はわかりやすく。
5yd刻みの距離感が磨かれる。

取材協力/みのるゴルフ笹ケ瀬

桑木志帆'sレスキュー 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

桑木志帆(くわき・しほ) プロフィール

2003年1月29日生まれ、岡山県出身。4歳でゴルフを始め、中学3年生の時に「中国女子アマチュアゴルフ選手権」、高校3年生には石川遼主催「The “One” Junior Golf Tournament」で優勝。21年実施のプロテストに合格し、同年の新人戦を制した。カラオケが大好きで得意曲はHY「366日」。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス