ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは欧州のトップコーチが授ける「10の秘訣」~ピート・コーウェン

world

欧州のトップコーチが授ける「10の秘訣」~ピート・コーウェン

2017/08/30

1.パーフェクトなグリップ!?

教科書ばりの完璧なグリップは、最高のスイングに欠かせないものだろうか?必ずしもそうではない。私は完璧なグリップで的を捉えられないゴルファーたちを見てきた。不完全な自分のスイングに、グリップをマッチさせることが大切なのだ。グリップの目的はクラブを固定させることであり、操作することではないのだから。

2.完璧なアライメントとは?

一般ゴルファーが完璧にスクエアなアライメントを取ることに、私はあまり気乗りがしない。というのも、そうなると狙い通りに打つために、完璧なショットが求められるからだ。ほとんどのアマチュアはダウンブローで打ちつけるのが好きなので、アイアンでは両足を少し左にセットするよう、アドバイスしている。ドライバーの場合は、クラブフェースがターゲットに向いた状態で、両足を少し右にセットする。こうすることでインサイドからスイングしやすくなり、“アッパー”でボールを打つことができる。

3.車に置き換えて考えてみる

私はゴルフスイングを車になぞらえるのが好きだ。胴体がエンジンであり、両腕、両手、そしてクラブはハンドルだ。頭脳が運転手であり、燃料を供給する。我々がひどいショットを打ち始めるとき、大抵の場合、問題は車のトランスミッションにあたる両肩にある。良くない肩の動きは不安定性の大きな原因となる。両肩を通して正しい伝達ができていない限り、脳から腕や手への指令を従わせることはできない。

4.最もありがちなスライスの原因

肩を回しすぎるのは、スライスの最も一般的な原因だ。自分の限界を超えて肩をターンさせてしまうと、筋肉で腕を振ることが出来なくなってしまう。こうなると体のすべてが同調しなくなり、腕は粗末な軌道で振り下ろされ、過度のアウトサイドインの軌道を描いてしまいがちだ。では正しい肩のターンとは、どのようなものだろうか?右肩は低く保ち、右上腕は常に下を指していなければならない。抵抗を感じるまでターンしたら、単純に逆側へと解き放てばいいのだ。

5.バランスこそがスイングの鍵

両足を揃えてボールを打つことは、ゴルフにおける最高のドリルだ。これによりバランスが大幅に向上する。バランスはパワー、安定性、そして実質的にはその他すべての鍵である。スイングする際は、体の3つのパーツを結ぶ垂直の線を維持することをイメージして欲しい。(1)首の付け根にある節くれ立った背骨。(2)へその後ろの少し下の部分。(3)両足の中心点。

6.もっと飛ばしたい?では…

もしどこかのパブで、誰かに「ドライバーであと10ヤード飛ばす方法」を訊かれたなら、「ボールの10ヤード後方から走り込んで打つ」というのが最初の提案となるだろう。それは冗談だが、次の2つのことを意識するのは、どのゴルファーにとっても重要なことだと思う。(1) バックスイングでは手を高く上げ、アークを広げる。(2) 加速エリアを稼ぐためにスイングを長くする。

7.筋肉に記憶力があるわけない

筋肉メモリーなどというものは存在しない。筋肉には記憶力などないのである。とはいえ、すべては筋肉を正しく作り上げ、正しい動きを繰り返すことから始まる。こうすることで、動きの記憶はより迅速に筋肉へと伝えられるのだ。

8.アプローチショットのコツ

厳しいライでのアプローチショットに苦労してはいないだろうか?ボールを前方へ押し込む動きは止めた方がよい。手を使ってクラブヘッドをボールへと押し込んではならないし、インパクトでハンドファーストになるようにシャフトを前方に傾けてもいけない。単純に両肩を若干後ろの方へターンさせ、クラブフェースがボールへと落下するようにし、フォロースルーは小さく取るようにする。インパクトを通して、クラブフェースをボールに向け下方へと回すようにしよう。無理強いをするのではなく、自然にボールを“回収”するような気持ちで打つと良いだろう。

9. ハリントンを見習ってみる

パドレイグ・ハリントンがメジャーで優勝していた当時(彼にはまだメジャーで優勝する可能性はあるわけだが)、私は彼が悪いショットに対して怒るのを見たことがなかった。今でも彼は怒るのではなく、なぜそうなったのか?について興味を示す。悪いショットを打った直後には、彼の注意は次のショットへと向いているのだ。歩きながら、トラブルに陥ったスイングについて、当惑する彼の姿を見ることはあるかもしれない。しかしそれは彼なりの、好奇心からくる建設的なやり方であり、怒りではないのだ。怒りは悪いショットに対する最も不必要な反応であり、簡単に起きやすい感情でもある。

10. 子どもや初心者に敢えて“禁じ手”を

子どもや初心者の大人をゴルフに惹き付ける方法を1つ教えよう。正面が平らなパターグリップを9番アイアンに装着して、低くティアップする。常にグリップの平らな部分が自分の方を向く様に言い聞かせて、打たせてみるといい。いかに絶大な効果があるか、教えられる側の彼らも、教える側の人間も驚くことだろう。これにより素晴らしい動きが作り出され、ソリッドなコンタクトが保証されるのだ。数年前、ゴルフで苦労していた生徒にこの方法を伝授したところ、彼女はすべてのクラブにパターグリップを装着した。「そのグリップをパター以外のクラブに使用するのは、ルール違反だ」と馬鹿にする人間もいたが、私は「こうするか、彼女がゴルフをやめてしまうかのどちらかなんだ。どちらが良いと思う?」と答えたのさ。

【ピート・コーウェン】

イングランドのロザラムに本拠地を置くゴルフコーチ。これまでセルヒオ・ガルシアヘンリック・ステンソンリー・ウェストウッドダレン・クラーク、そしてルイ・ウーストハイゼンといった、トッププロたちを指導してきた実績を持っている。

聞き手:ガイ・ヨコム
(米国ゴルフダイジェスト誌 2017年7月号掲載)

関連リンク

こんな記事もあります

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

ドライバーショットの基本!

ドライバーショットの基本!
ドライバーショットにありがちなミスの傾向と成功のカギを動画で分かりやすく解説。

河本&藤森のGOLF開眼物語

河本&藤森のGOLF開眼物語
「次長課長」の河本準一と「オリエンタルラジオ」藤森慎吾が、中井学プロにレッスンを受ける連載

タカトシゴルふぁ~!

タカトシゴルふぁ~!
お笑い芸人コンビ”タカアンドトシ”が、さまざまな企画に挑戦していくコーナー

中井学のフラれるゴルフ

中井学のフラれるゴルフ
スイングイメージ大転換!中井学プロが送る人気のゴルフレッスン動画

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

HOTLIST2018 BEST NEW GOLF CLUBS


今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

【キャンペーン実施中】
GDOで取扱い開始!
mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
練習場おトクーポン
知って得する、練習場おトクーポン!!
今年の熱いギアは?HOTLIST 2018
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
いつでも・誰でも・誰とでも参加できる!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス