ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはスロープレーは防げる 1ラウンドで30分短縮する方法

world

スロープレーは防げる 1ラウンドで30分短縮する方法

2017/12/28

かつて自転車競技の選手だったデビッド・ブレイルスフォードは、2003年に英国代表チームのパフォーマンスディレクターに就任した。自転車競技において英国は100年近く低迷していたが、ブレイルスフォードはMBA取得時に考案したアイデアを使えば、チームを甦らせることができると信じていた。

後に、ハーバードビジネスレビューでそのアイデアについて「わずかな無駄を省くことの集約による、継続的な改善の哲学」と説明している。あらゆる事柄を小さな項目に細分化し、各項目を1%ずつでも向上させて累積させることで、全体的なパフォーマンスは著しく向上すると確信していた。

ブレイルスフォードとチームは、あらゆる事柄に改善点を探した。道具や技術はもちろんのこと、手を洗う方法、就寝時に使う枕やマットレス、メンテナンストラックの床に積もった埃など、一見すると取るに足らないものにまで目は向けられた。その結果は驚くべきもので、04年のアテネ五輪で英国は2つの金メダルを獲得し、その後08年北京五輪と12年のロンドン五輪でもそれぞれ8つずつ金メダルを獲得した。

10年にブレイルスフォードは英国のプロチーム、チームスカイの監督にも就任。そこでも同様のアイデアを実践し、選手たちは12年から17年の間で5回もツールドフランスを制覇した。エリザベス女王はその功績を認め13年、ブレイルスフォードに爵位を与えた。

私はブレイルスフォードの唱えるわずかな無駄を省く魔法について学んだ。我々は「2時間18ホール」と題し、歩きで2時間ほどのフルラウンドのゴルフをしていた。そのスピードでプレーするには、早朝か夕方、あるいは雨の日など、コースが空いている必要はあったが、走ることはなかったし早歩きさえ必要なかった。数多くある小さな無駄な時間を省いたからだ。ブレイルスフォードの自転車チームと同様、小さな改善の積み重ねによる結果という事である。

小さな改善に関するブレイルスフォードの考え方は、生活全般に当てはまるのはもちろん、ゴルフに極めて役立つ考え方なのである。一般的にゴルフのラウンドはだらだらと長い。ただ遅いプレーをしているからではなく、ここで10秒、あそこで20秒という具合に、全ショット、全ホールで意味のない時間を費やすことに原因があると確信している。

これはゴルフ界にとって死活問題だ。何故なら新たにゴルフを始めようとする人が懸念するのが、ゴルフのラウンドが1日がかりとなる点だ。フォーサムで各メンバーが1ホールあたり30秒ずつでも短縮することができれば(これはほとんどのプレーヤーが簡単に達成できる目標である)、1ラウンドで30分以上の時間を節約できるのだ。

私のゴルフプレーの改善は「グローブを使わなければ、立ち止まって着脱する必要がなくなり、驚くほどの時間が短縮できる」という所見から始まった。しかし皆が素手でのプレーを好むわけではなく、グローブを着用する場合はずっとつけっぱなしにするか、ボールへ向かって歩く時などに着脱すれば同じ効果が得られる。

では、その他の無駄を省く方法をいくつかあげてみよう。

打ってから探す
もし同じ組のメンバーが林へ打ち込んだ場合は、ボール探しを手伝う前に自分のボールを打っていい。これは無礼には当たらない。自分が打っている間にボールが見つかるかもしれないし、ボール探しを優先して後ろの組を待たせることもなくなる。

打ってから話す
ティショットの順番が回ってくるまで話し続ける人がいる。その手のゴルファーは自分が打つまで他の人を離さない。さらには杖代わりにしたドライバーにもたれかかってリラックスする。そういうことは他でやるべきだ。

ドライバーのヘッドカバーはカートで外しておく
これで10秒も20秒も変わるのかって?しかしこれは面倒くさくないし簡単に実践できる。

素振りやルーティンを手短に
所属クラブの常連たち20名ほどの日曜朝の大会で、素振りを行うのは2、3人しかいない。フォーサムであれば、これだけで1ラウンドで20分は節約できるだろう。素振りなしでプレーできないのであれば、1回だけに制限すればよい。プレショットルーティンはおそらく大切だが、いつまでやっていてもいいわけではない。

プレーの準備をしておく
何年か前に家族旅行に行った時のことだが、ゴルフコース近くの貸別荘のテラスに腰を掛け、数時間にわたり本を読んだり、ゴルフする人たちを見たりしていた。この時私が観察した人々の中で、自分の打つ番になった際に準備ができていた人は1人もいなかった。彼らは何をするでもなく、ゾンビのように立ち尽くしたり座り込んだりして、いざ打つ時になって初めてヤーデージをチェックする。風を調べ、クラブを選び、フェースの溝を綺麗にして、グローブをはめるのだ。これを無くすだけで、フォーサムで1ホールあたり5分は短縮できる。

先を考える
1990年代初頭にスコットランドのリンクスコースで、2人のメンバーと一緒にプレーしたことがある。そこそこ早いプレーヤーだと思っていた私でさえ、彼らのペースについて行くには集中を切らすことができなかった。彼らのプレーが早い理由の1つが、各グリーンでクラブを正しい場所に置く、つまり次のティグラウンドへ向かうルートの途中にクラブを置いていたのだ。

プレーの遅い多くの人がそうであるように、もしバッグやカートを気ままな場所に置いていたり、あるいはグリーンの手前に置いたとしたら、後ろの組の人はあなたが完全に立ち去るまでボールを打つことができない。なんと嘆かわしいことだろう!

他の誰もがプレーが遅ければ、自分だけ早くするのは無駄に思えるかもしれない。しかし時間を無駄にしないフォーサムは、継続的に前の組に近づくことで、コース全体のゴルファーのスピードをあげることができる。それに、早いプレーを心掛けることで、最も悪い影響をを及ぼす「考え過ぎ」を避けられるというご褒美までついてくるのだから。

文:デビッド・オーウェン
(米国ゴルフダイジェスト誌 2017年10月号掲載)

関連リンク

こんな記事もあります

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

ドライバーショットの基本!

ドライバーショットの基本!
ドライバーショットにありがちなミスの傾向と成功のカギを動画で分かりやすく解説。

河本&藤森のGOLF開眼物語

河本&藤森のGOLF開眼物語
「次長課長」の河本準一と「オリエンタルラジオ」藤森慎吾が、中井学プロにレッスンを受ける連載

タカトシゴルふぁ~!

タカトシゴルふぁ~!
お笑い芸人コンビ”タカアンドトシ”が、さまざまな企画に挑戦していくコーナー

中井学のフラれるゴルフ

中井学のフラれるゴルフ
スイングイメージ大転換!中井学プロが送る人気のゴルフレッスン動画

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

HOTLIST2018 BEST NEW GOLF CLUBS


今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

GDOポイント、さらに
豪華ゴルフグッズ当たる!
mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
練習場おトクーポン
知って得する、練習場おトクーポン!!
今年の熱いギアは?HOTLIST 2018
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
いつでも・誰でも・誰とでも参加できる!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス