ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはダスティン・ジョンソンによる「世界No.1の練習法」

world

ダスティン・ジョンソンによる「世界No.1の練習法」

多くの人が質の高い練習について誤解をしている。練習レンジへ行き、何時間もひたすらボールを打つことに価値があると思っている。集中することなく間違った練習をしていると、実際には自分のゴルフを駄目にしてしまうんだ。僕はそんなに長い時間集中できないし、すぐに飽きてしまう。だから集中力が切れたと感じたらすぐにラウンドをしに行くか、レンジを立ち去ることにしている。君たちも同じようにすべきだね。

練習とウォームアップの違いも理解しなければならない。僕が言いたいのは、これから18ホールをプレーする前なのか、あるいは自分のゴルフの課題に取り組みたいのか、その状況によって方法が異なるということ。では、それぞれのケースで僕がやっていることを説明しよう。

日常の練習

僕が自宅で過ごす時は、練習よりもラウンドをしていることの方が多い。練習をする際はほとんどウェッジを打っている。その後はパットとチップショットの練習をするんだ。ショートゲームがどれだけ重要かなんて、改めて言う必要はないよね。長いクラブに関して言えば、ウェッジ以外のアイアンはそれぞれの番手を数球ずつ、3番ウッドとドライバーも数球打つぐらいだね。長く練習するくらいならラウンドをしに行く。練習時間が2時間あったとしても、僕はその時間の全てを練習レンジでは使わないだろう。

何か特定の課題に取り組んでいて、有意義な練習をしたいのであれば、なおのことコースへ出てプレーした方がいい。コースではティから何球か打ち、グリーンへも何球か打って、グリーン回りからのチップショットも数球打つ。全ショットを、実際のプレーに反映させたい技を意識して集中して打つんだ。練習レンジでやみくもに打つよりも、はるかにいい方法だよ。考えてみてほしいのだけど、単純に練習レンジでフラッグを狙っているだけでは、そのフラッグに対して打つことしか習得できないんだ。これはあまり役に立たない。それに練習レンジでは一定の場所からしか打てないし、視点は常に同じだよね。実際にコースへ出ると視点は毎回変わる。それこそ競技ラウンドの試合勘を得ることができるんだ。

このシーズンオフに僕が取り組んだのは、ほぼ毎回フェードで打つようにスイングを戻すことだった。昨年の「マスターズ」の直前に負った背中のケガから復帰した後、特にアイアンでフェードを打つのに苦労したんだ。でもシーズンの真っ只中だったから、「プレジデンツカップ」が終わるまで練習に取り組む時間が作れなかった。今は以前よりセットアップに注意して、ダウンスイングからインパクトにかけてクラブフェースをオープンにしている。

パッティングストロークにも取り組んでいる。僕にはスライスさせるように、過度に左に出してしまう癖があったんだ。今はボールの近くに立つことで、これを防止するようにしている。

練習ルーティンに話を戻そう。僕は今、4本のウェッジを使っていて、練習時間の8割をウェッジのショットに充てている。それぞれのウェッジでハーフショット、スリークォーターショット、フルショット、最大飛距離と、4種類の距離を打ち分けるんだ。飛距離のコントロールに心血を注ぐのだけど、こういう練習は自信を積み上げることができる。スコアを良くしたいなら、最も効果的で役立つショットの練習をしないといけない。

ラウンド前のウォームアップ

僕はほかの選手たちよりも少し時間をかけてウォームアップする。なぜかと言うと、必要に駆られると一日中忙しく動き続けてしまうから。それは自分のゴルフにとって良くない。だからティオフの2時間前にはコースに着きたいんだ。到着したら最初にジムへ行き、バイクに乗ったり、ストレッチなどの運動をする。

その後、ティオフの1時間以上前に練習エリアに行く。コースにちゃんとしたショートゲームの練習エリアがあればバンカーショットやチップショットを打つけれど、ない場合はそれをスキップして10分から15分ほどパッティングに集中する。パッティングで何か課題を持っている場合は、それをラウンドで実践するために練習をするんだ。

それが終わると、練習レンジに行く。ここでも僕はほとんどをウェッジのショットに費やし、ハーフ、スリークォーター、フルといった、いつものルーティンで練習する。それ以外には8番アイアン、6番アイアン、4番アイアン、3番ウッド、ドライバーで5球ずつ打つけれど、ドライバーは5球も打たないこともあるね。

それから最初のティグラウンドで自分はどうしたいかを考える。いいスタートを切るのは重要だからね。1番ティを思い浮かべて、そこで打ちたいショットを練習でも打つんだ。次に第2打を想定してアイアンで何球か打ち、練習グリーンへ戻ってパットのライン読みとタッチの練習をする。僕は大体自分でライン読みをするから、グリーンがどれだけ速いのか、しっかり把握しておきたいんだ。これが最後にすることだね。

僕のルーティンがツアーの他の選手より必ずしも優れているわけではない。ただ、もし僕と同じような練習をすれば、ラウンドの準備時間をより有意義に過ごすことができるはずさ。

聞き手:ロン・カスプリスキ
(米国ゴルフダイジェスト誌 2018年3月号掲載)

関連リンク

こんな記事もあります

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

ドライバーショットの基本!

ドライバーショットの基本!
ドライバーショットにありがちなミスの傾向と成功のカギを動画で分かりやすく解説。

河本&藤森のGOLF開眼物語

河本&藤森のGOLF開眼物語
「次長課長」の河本準一と「オリエンタルラジオ」藤森慎吾が、中井学プロにレッスンを受ける連載

タカトシゴルふぁ~!

タカトシゴルふぁ~!
お笑い芸人コンビ”タカアンドトシ”が、さまざまな企画に挑戦していくコーナー

中井学のフラれるゴルフ

中井学のフラれるゴルフ
スイングイメージ大転換!中井学プロが送る人気のゴルフレッスン動画

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

HOTLIST2018 BEST NEW GOLF CLUBS


今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

【キャンペーン実施中】
GDOで取扱い開始!
GDOポイント、さらに
豪華ゴルフグッズ当たる!
クイズに正解して
豪華賞品をもらおう!
mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
練習場おトクーポン
知って得する、練習場おトクーポン!!
今年の熱いギアは?HOTLIST 2018
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
いつでも・誰でも・誰とでも参加できる!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス