ハンディキャップ計算方法について
1. 入力されたスコアからストローク・コントロールを算出する。
各ホールごとのスコア-PARの値を降順でソートし、上位から順番に下記のルールに従い、ストローク・コントロールを行う。
対象とするスコアは3年以内とする。
プレーヤーのハンディキャップ ストローク・コントロール
マイナスまたはゼロ 全てのホールで1オーバー・パーを限度とする。例:PAR3で5打の場合、4打とする。
1~18 プレーヤーのハンディキャップと同数のホールまでは2オーバー・パーを限度とし、残りのホールは1オーバー・パーとする。
19~36 プレーヤーのハンディキャップから18を引いた数と同数のホールまで3オーバー・パーとし、残りは2オーバー・パーとする。
37~55 プレーヤーのハンディキャップから36を引いた数と同数のホールまで4オーバー・パーとし、残りは3オーバー・パーとする。
2. 各ラウンドごとに修正された合計値から下記のルールに従い、ハンディキャップ対象スコアを決定する。プレー日が3年以内のスコアカードを対象とする。
ラウンド数 スコア順位
1 1位のみ
2 1位のみ
3 2位まで
4 2位まで
5 3位まで
6 3位まで
ラウンド数 スコア順位
7 4位まで
8 4位まで
9 5位まで
10 6位まで
11 最新10ラウンドのベスト6位
以下同様。
(合計値が最も小さいスコアを1位とする)
3. 各対象スコアからハンディキャップ・ディファレンシャルを求める。
 
ハンディキャップ・ディファレンシャル = ストローク・コントロール後スコア コースレート
4. ハンディキャップ・ディファレンシャルの平均を求める。
5. 表示用ハンディキャップは平均値を10倍し、「0.096」を乗じた値に対し、小数点第1位を四捨五入した整数値とする。
表示用
ハンディキャップ
= ハンディキャップ・
ディファレンシャル平均値
× 10 × 0.096 (結果の小数点第1位を四捨五入する)
閉じる