レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはグリップを作るのは、アドレスに「入る前」or「入った後」、どっち?/教えて牧野裕編

正解はどっち?

グリップを作るのは、アドレスに「入る前」or「入った後」、どっち?/教えて牧野裕編

先に「手」を固めるか、 「足場」を固めるか?

正確なショットを打つ上で、重要な要素となる“グリップ”。今回気になるのが、そのグリップを作るタイミングだ。ボールの後ろ(飛球線後方)でグリップを固めてからアドレスに入る“『入る前』派”と、アドレスしてヘッドを目標に合わせてから握り直す“『入った後』派”、どちらが正解!? 今回からシリーズゲスト(計6回)として登場していただくのは、TV中継の明快な解説でもお馴染み・牧野裕プロだ。

『入った後』が多数!

平均90台ゴルファー調査では、『入った後』派が74%と多数派の結果に。理由は「自然とそうやっていたから」(KTさん/43歳)、「手の位置よりまずは足の位置を決め、落ち着いてからグリップしたい」(M号さん/36歳)といったものだった。

アベレージゴルファーの意見は『入った後』が多数派だったが、果たして牧野裕プロの見解は……!?(以下、牧野プロの解説)

私は、「ヘッド」を目標に合わせた後!

「グリップをどのタイミングで作るか?という質問ですが、私の場合は、ヘッドのフェース向きを目標に合わせてからグリップを作る、『入った後』が正解です。ただし、グリップを決めてからアドレスに入るのが間違い、ということではありません。

ショットに入る「6つ」の動作!

私がどのタイミングでグリップを決めているか。ショットに入るまでのルーティンで説明していきましょう。まず、1.打ちたいショットをイメージ、2.ボールの後方で素振りを2回、3.ボールのスパット(目印)を見つける、4.右手でクラブを持ってボールに近づき、5.フェースをスパットに合わせてヘッドをセット、6.両手でクラブを握り、グリップを決める、という手順です。つまり、ショットに入る直前になって初めてグリップを固める、というわけです。

理由は「スパット派」だから

私の場合、目標に対して正しく、スクエアにアドレスするために、ボールの少し先(1mぐらい)にスパットを見つけます。そのスパットにフェースの面を合わせ、スタンスと体の向きも合わせていくのです。これは昔から私の体に染み込んだルーティンで、アドレスに入る前にグリップを決めてしまうと、それがやりにくくなってしまいます」。

タイガーは『入る前』派!
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

ゴルファー保険 新規ご成約キャンペーン!
mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス