ギア情報
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

目からウロコのスコアアップマネジメント法を中井学コーチが伝授

第5話 距離感を高める"足し算"の発想

2010/5/20公開

練習場ではマン振りばかり・・・

練習場ではマン振りばかり・・・

練習場でアベレージゴルファーを見ていると、少し憂いを感じてしまいます。どんなクラブでもマン振り。最初から最後までMAXという、フルショットの練習ばかりしている人が多いからです。

渾身のハードヒットで、日頃のストレス発散にはなるかも知れませんが、ターゲットに対して自分の距離感を合わせ、そこにボールを運んでいくという、ゴルフでもっとも肝心な意識が薄れているようです・・・。

3次元ゴルフ第3話「バランスで考えるショットメーキング」を振り返ってみてください。コースでは、前後左右のさまざまな傾斜があり、フルショットではバランスを崩す場面が非常に多いものです。MAXで振らなければならない場面など、実はそう多くないんです。

そう考えると、フルショットの練習よりもまず、距離感を意識しながら、振り幅を抑えたショットを安定させる練習をする方が、実際のコースで、即戦力になると言い切っても、過言ではありません。

2ページ目へGO! >>


【協力】鶴舞カントリー倶楽部

中井学

中井学(なかいがく)PROFILE

1972(昭和47)年 大阪府豊中市生まれ。中学生でゴルフを始め、高校3年生時に日本ジュニア出場など活躍。92年に渡米し大学に通いながらゴルフの腕を磨く。現在はプロゴルフコーチとしてツアープロからアマチュアまで指導。

アーカイブ

 目+脳で磨く、ゴルフの腕 『ビジョンゴルフ 3D』

「ピジョンゴルフ3D」は、発達脳科学の世界的権威である大井静雄教授が提唱するゴルフ上達の新しい概念「ゴルファー脳」と3D立体映像を融合した、ゴルフトレーニングDVDです。
本DVDでlま、「ゴルファー脳」とスイングのメカニズムについて学ぶことができるほか、ゴルフの上達にとって重要なイメージ力、距離感といった要素を、スーパースロー3D立体映像を見るだけで手軽にトレーニングすることができます。
 

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


アクセス急上昇!ランキング
今年のザ・プレジデンツカップ因縁の対決!最後に笑うのはどっち!?