レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは【WORLD】高いロブショットの打ち方 by トム・ワトソン

【WORLD】高いロブショットの打ち方 by トム・ワトソン

フェースをオープンに保ち、ボールを切るように打つ

ここで取り上げるのは、取り組まなければならない可能性がある一番難しいショット、すなわちピンが手前にあるときに使う、ソフトなロブショットだ。
私はこれを11歳の時に、56度のウェッジを使って恩師のスタン・シルスクから学んだ。
よりハイロフトの現在のモデルを使えば、もっと簡単だろう。スタンは、腕でクラブを外側にテイクバックしてから(写真1、2)・・・・・・

フェースが空を向き続ける

クラブをターゲットのかなり左方向に向けて振り下ろして、ボールを打つように教えてくれた(写真3、4)。
左を向くように少しスタンスをオープンにしてから、クラブフェースを右に向けるように45度オープンにして、親指がまっすぐにシャフト上に沿うように、グリップをウィークに握る。次にボールの隣で素振りをして、どの位置でクラブが地面から上がっていくかを確認する。このスポットを頭に置いてセットアップし、クラブが完全にアークの底に至る前のダウンスイング中にボールを打つようにするのだ。
私のこのスイングに関する考えは、強く打ち、インパクトを通じてフェースが空を向きつづけることである。

──Written with Nick Seitz

トムからのさらなるヒント

時々、ボールを打つ時にはどこを見ているのかとたずねられる。私はボールの後ろの真ん中あたりにあるディンプルに集中する。そこに当てたいからだ。これを試してみてほしい。ショットを通じて頭が上がらないようになり、しっかりとコンタクトする可能性が高くなる。

PHOTOGRAPHS BY / J.D. CUBAN
米国ゴルフダイジェスト社提携
Used by permission from the Golf DigestR and Golf WorldR. Copyrightc 2011 Golf Digest Publications. All rights reserved

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

トム・ワトソン プロフィール

米国ゴルフダイジェスト誌プレイングエディターで、ウェストバージニア州ホワイト・サルファー・スプリングスのザ・グリーンブライヤーの名誉ゴルフプロである。

上達ヒントの宝箱 アクセスランキング

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス