レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは飛距離UPのかちあげアッパーブロー

飛距離UPのかちあげアッパーブロー

かちあげアッパーブロー

ドライバーで圧倒的に飛距離を上げる、正しい“かちあげアッパーブロー”のレッスンです。ヘッド性能が進化しているのに加え、正しいインパクトを迎えればさらに飛距離を伸ばすことが出来ます!

ポイントはダウンスイング!

ドライバーで「圧倒的に飛距離を伸ばしたい!」・・・そう感じている方に実践してもらいたい打ち方が、このかちあげる超アッパーブローのスイングです。

ポイントはダウンスイング!
ハーフウェイダウンの時点で、手首のコックがほどけているくらいアーリーリリースが理想的です。そのために、クラブヘッドが体寄りのインサイドから遠回りしておりてくるイメージを持つと効果的です。

赤い丸印は、通常のハーフウェイダウンの際のクラブヘッドの位置です。アッパーブローのためには、この位置よりもヘッドが地面方向に垂れているのが理想です。

フォロースルーは高い位置に

そしてフォロースルーは高い位置に収まります。頭より上に両手が収まるくらいが良いでしょう。

手の位置が頭と同じ高

ちなみに、これは通常のフィニッシュ位置です。フォロースルーでは手の位置が頭と同じ高さになります。形として悪くはありませんが、アッパーブローの正しい形とは言えません。

大きな飛距離ロスに繋がる動き

間違った動きは、外側からクラブヘッドがおりてくる、アウトサイドインの軌道になること。これではダウンスイングの途中でボールに当たる確率が高くなるため、ドライバーでは大きな飛距離ロスに繋がります。

手が体から離れると大スライス

間違った動きをもう一つ。ダウンスイングの時に手が体から離れていくと、ヘッドが遅れて当たるので大スライスになります。必ず体の近くを通るよう、腕は地面に垂直に落とすイメージが良いでしょう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

土屋光司プロ プロフィール

1971年 静岡県生まれ。1995年より小達プロのキャディを務める傍ら、ジム・マクリーン、内藤雄士のスイング理論を学ぶ。2004年マンダムよみうりオープンにて、マンデートーナメントより勝ち上がりツアーでもデビュー。細身ながら300ヤード超のドライバー飛距離を誇り、アマチュアでも実践できる独自の理論でレッスンを展開中。

上達ヒントの宝箱 アクセスランキング

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

ゴルフ保険に加入して、ゴルフアイテム当たる
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス