レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはパッティングの基本をおさらいしよう!

パッティングの基本をおさらいしよう!

「パットの距離感が心配です・・・」

「もうすぐ初ラウンドで、ショットやアプローチなど心配なことばかりですが、パットも不安です。特に距離感が心配ですが、距離感を掴むために、どんなことを練習したら良いでしょうか?」(田中さん、ゴルフ歴2ヶ月)

【撮影協力】コナミスポーツクラブ西葛西

まずはセットアップの基本を覚えましょう

スタンスはアプローチと同様に、肩幅くらいで立ちます。これは距離感を作る基準にもなるので、いつも同じスタンスで立てるようにしてください。そして、ボールは左目の真下に合わせます。

スタンスとフェースの向きを正しくセット

肩幅に開いたスタンスは、ターゲットラインと平行に。フェース面はターゲットラインと直行するように合わせます。

スタンスの幅でスムーズなストロークを

肩幅で開いたスタンスの幅の中で、まず右足の前から左足の前まで、まっすぐスムーズにストロークできるように練習して下さい。ボールをコツンとヒットするのではなく、まっすぐストロークした線上にあるボールを、転がして運ぶイメージが大切です。

ボールを目で追わないこと

スムーズにストロークする上で注意すべきことは、ボールの行方を目で追わないこと。ボールを目で追うと、ストロークが左方向にズレたり、決めた振り幅が狂ってしまいがちなので要注意です。

ボールを打った後も頭をキープ!

特に、パットはターゲットが近いので、つい結果を見ようとしがちです。ボールを打った後も、頭を起こさずにキープすることを心がけて下さい。初ラウンドのパッティングでは、これを一つの課題として下さいね。

打つ強さではなく振り幅で距離を決める

パットも振り幅で距離感を合わせるアプローチと同様です。ボールを打つ強さで距離感を出すのではなく、振り幅で転がる距離が決まります。ですから、いつも一定のスピードを意識して、まずはスタンスの間でスムーズにストロークできるよう練習しましょう。

スタンスの幅でどれだけ転がるかを掴む

アプローチのハーフスイングで、自分の飛距離を把握するように、パットではまず、スタンスの幅でどのくらい転がるかを、自分の距離感の基準にしてください。一つの基準を持つことで、コースでも距離感をイメージするのに役立つはずですよ。

おすすめ記事通知を受け取る

石井直樹 インストラクター プロフィール

コナミスポーツクラブ津田沼にてゴルフスクールを担当。レッスン生の些細な悩みも聞き逃さず、ゴルフに関することなら何でもサポートするスペシャルインストラクター。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス