レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはLesson.15 左足下がりのアプローチ

植村啓太のフィーリングゴルフ

Lesson.15 左足下がりのアプローチ

2014/07/14

ボールを止めるためにサンドウェッジを選択

左足下がり(右打ちの場合)は、傾斜的にボールは上がりにくくなります。アマチュアにとって最も難しいライと言ってもいいでしょう。ピン位置によっては物理的に寄せられない状況も発生します。重要なのは、無理に上げようとしないこと。まずはダフリやトップのミスを出さないための打ち方をマスターしてください。高さが出にくいため、最も高さが出てくれるサンドウェッジが使用クラブになります。

撮影協力:サウジャナ ゴルフ&カントリークラブ(マレーシア)

傾斜なりに構えて傾斜なりに振る

ボールを上げようとしないことがまずは重要です。そこでアドレスは傾斜なりに構えます。ボールの後ろ側の斜面が高いので、傾斜に逆らって立つとダフリやすくなります。傾斜なりに構えて、傾斜なりに振る。ボール位置に関しても、ほぼ両足の真ん中にセットして、上げたいからと言って左に置きすぎないようにしましょう。

フェースは開かずにセット

フェース面に関して基本は開かずにセットしましょう。傾斜なりに構えるとサンドウェッジのロフトよりも立つ形になりますが、フェースを開くほど地面に弾かれる可能性が出てきます。少し開く程度はいいですが、最初から打ち出しが低くなることを想定しておくことが大事なのです。プロの試合など、どうしても寄せなければならない場面ではリスクを覚悟で開いて構えますが、かなりの練習量が必要です。

邪魔になる右足を一歩後ろに

左足下がりを上手く打つための一番のポイントが右足です。通常のアプローチのようにオープンスタンスに構えると、右足が前に出やすい斜面なのでダウンスイングで邪魔になってしまいます。アドレスのときに右足を一歩後ろに引いて構えます。するとクラブを下ろすスペースができるので、スムーズなスイングにつながります。

ヘッドは高い位置から低い位置を意識

傾斜なりに構えて、傾斜なりに振るのが基本です。右足を1歩後ろに引いたアドレスをつくり、ヘッドを高い位置から低い位置に振り下ろすイメージを持ちましょう。カットに振る必要はありませんが、右足を一歩後ろに引いたことでインサイドからヘッドを入れないように気をつけてください。飛球線に対して、ややアウトサイドからヘッドを下ろすイメージを持つといいでしょう。

【動画】Lesson.15 左足下がりのアプローチ

右足を一歩後ろに引いて構えるのがポイント!

おすすめ記事通知を受け取る

植村啓太
1977年5月27日生まれ。21歳からティーチング活動を始め、その後ツアープロコーチとして幾人ものプロを担当。自身の主宰する「K’s Island Golf Academy」を中心に、多岐に渡り活躍中。ゴルフ誌をはじめ、幅広いメディアにも出演。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

ゴルフ保険に加入して、ゴルフアイテム当たる
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス