レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはLesson.25 グリーンエッジからパターで寄せるコツ

植村啓太のフィーリングゴルフ

Lesson.25 グリーンエッジからパターで寄せるコツ

ボールからグリーン面までの芝の状態を確認

グリーン周りにボールがこぼれて、ボールのライが良かったときに、パターを使おうかウェッジを使おうか迷うことはありませんか。ウェッジを使ってプロのように寄せたい気持ちはわかりますが、転がす方が断然ミスの確率は減ります。そこで判断基準にしてもらいたいのが、グリーン面までの距離と芝の長さです。特に芝が長いときはグリーン面までの距離が短くても、抵抗が読めないのでウェッジを使ったほうがいいでしょう。

プラス1メートルの距離感で打つ

グリーン面までの距離が1メートルで、芝の状態は良い。エッジからカップまでの距離が約7メートルで、合計8メートルですが、打つ距離のイメージとしてはプラス1メートルをして、9メートルのパッティングをするつもりでストロークしましょう。打つべき距離感を頭の中で決めておくことで、インパクトでパンチを入れたりすることがなくなります。

芝の抵抗がなければパターを選択する

グリーン面までの距離が仮に2メートル以上あったとします。イメージ的にはウェッジでボールを浮かせたい状況ですが、グリーン周りのライは、意外とボールが少し沈んでいることがあり、アマチュアの方には難しい場合があります。エッジまで距離が長くても、芝がきれいにカットされていて、抵抗が少ない場合は、トータルで打つ距離を多めに設定してパッティングを選択する方が、大きなミスを防ぐことに繋がります。

インパクトでは絶対にゆるませない

グリーン周りからパッティングをするときに注意したいのが、ボールの行方を早く見すぎてしまうことと、インパクトを強くしすぎないこと。もちろんゆるむのもダメ。というのは、抵抗が強いからという意識を持っていると、どうしても振り幅が大きくなりがちで、それをストローク中に体が「これじゃあ大きい」と反応して、インパクトでゆるめてしまうことがあるんです。しっかりとインパクトはしますが、振るスピードは変えないこと。約束ごとはグリーン上のパッティングと全く同じです。

Lesson.25 グリーンエッジからパターで寄せるコツ

ポイントはストローク中に緩ませないことです!

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

植村啓太
1977年5月27日生まれ。21歳からティーチング活動を始め、その後ツアープロコーチとして幾人ものプロを担当。自身の主宰する「K’s Island Golf Academy」を中心に、多岐に渡り活躍中。ゴルフ誌をはじめ、幅広いメディアにも出演。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

24時間お得にタイのゴルフ予約!GDOタイランド
mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス