レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは“思わぬ逆球が出てしまう原因は?” 高島早百合

女子プロ・ゴルフレスキュー

“思わぬ逆球が出てしまう原因は?” 高島早百合

手元の位置が変わると・・・

まずは、手元の位置についてのおさらいから。クラブにはライ角がついていてコレがボールをつかまえるポイントです。しかし前傾が深くなったり、手元を低く構えたりするハンドダウンの構えではボールがつかまり過ぎ、左へのミスが多発します。反対に手元が浮いたアドレスだと、右へのミスにつながります。真っ直ぐ打つにはクラブのライ角通りに構えるのが理想。身長や構えに合ったライ角のクラブを使うことも大切です。

そして、出球や曲がりに大きく関わってくるのがボール位置です。体とボール位置の関係は、左足寄りに置けば左に打ち出しやすく、右足寄りに置けば右に打ち出しやすいというのが基本です。例えば、スライスを嫌がって左を向くのは良いのですが、その分ボールを左に置いてしまうと、左に打ち出しやすくなります。インパクトもフォローサイドに近いのでフェースがかぶりやすく、左に飛び出し、そのままフックする、左から左へのミスになってしまうのです。

一方で、持ち球はフックだからと左を怖がっている人は、右を向いてボールも右に置きがち。こうなると右に打ち出しやすく、フェースが返れば右に打ち出し大きく左に曲がるフック球に。フェースが返らなければそのまま右へのプッシュになってしまいます。

つまり、逆球が出てしまうのは、向きを変えたことでボール位置が変わってしまうのが原因。いつもと同じボール位置をキープすることが大切になります。そのためには、アドレスで迷わないことを意識して下さい。アドレスをしてから、再度方向調整するのは多くのアマチュアにみられる傾向。折角、正しくアドレスしていても、この“最終調整”で狂ってしまうケースが少なくない。もしアドレスに違和感があったら、仕切り直しをするのが効果的です。

どうしてもスライスしてしまう人は・・・
おすすめ記事通知を受け取る

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス