レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは“2パットで抑えるライン読み” 山里愛

女子プロ・ゴルフレスキュー

“2パットで抑えるライン読み” 山里愛

プロとアマチュアの違い

【アマチュアゴルファーの悩み】
「どんな状況からでも2パットで抑えるプロと、3パットしてしまうアマチュアでは、ラインの読み方が違うのでしょうか?」

ある程度の経験や想像力が必要な一方で、時にはその経験が邪魔になることもあるのがライン読みの難しいところ。プロとアマチュアの大きな違いは、ルーティーンを持っているかどうかかもしれません。

「セカンドを打つとき」から始まる!

突然ですが、ライン読みはいつから始まると思いますか? グリーンオンしてから? グリーン上? いやいや、私の答えは、「セカンドを打つとき」からです。どこに乗せればどんなラインになるのか、ある程度把握してショットを打っています。

理由は、上りのラインを残したいというマネージメントもありますが、グリーンの形状は俯瞰して見るのが一番分かりやすいからです。初めてラウンドするコースでも、セカンドを打つ際にグリーン全体の傾斜を確認し、周囲の地形も把握しておけば、グリーンに上がってからラインで悩むことは少なくなります。

傾斜は「カップ周り」を重視!

ボールの曲がり幅に大きな影響を与えるのが、ボールの勢いがなくなったカップ周りの傾斜です。誰もが「カップを通り過ぎてから、大きく曲がった」という経験をお持ちだと思います。その原因は、打ち出された瞬間はボールに勢いがあるため傾斜の影響を受けにくい一方、ボールの勢いがなくなったカップ周りは傾斜の影響を大きく受けるからなのです。

3箇所から読む!

ですから必然的に上り傾斜より、惰性で転がる下り傾斜のほうが曲がり幅は大きくなります。スピードにもよりますが、同じ距離で同じ傾斜ならば「下りは上りの倍切れる」と覚えておいてください。ボールやカップの後ろ、そしてラインの横から、私は今回述べたことをイメージしながらラインを読んでいます。

厚めに読む「プロライン」
おすすめ記事通知を受け取る

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

24時間お得にタイのゴルフ予約!GDOタイランド
mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
練習場おトクーポン
知って得する、練習場おトクーポン!!
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス