レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはお尻をツン♪で苦手のウッドを克服 岡村優

女子プロ・ゴルフレスキュー

岡村優'sレスキュー
お尻をツン♪で苦手のウッドを克服 岡村優

「FWの打ち方」をレスキュー♪

【アマチュアゴルファーHさんの悩み】
「フェアウェイウッド(以下FW)がいつも当たらず、苦手意識を持っています。効果的な改善策はありますか?」

岡村優のレスキュー回答】
FWが当たらない人の傾向として、スイング中に上体とボールとの距離が遠くなったり近づいたりいつも一定ではない点が挙げられます。FWを得意にするには、前傾角度をキープすることが求められます。

1. お尻が上向きならOK♪

前傾角度を保つには、スイング自体を直すのではなくアドレスのチェック項目を見直すことが効果的です。チェックポイントは、お尻の向き。アドレスに入った直後、お尻がツン♪と上を向いているかどうかを確認しましょう!

2. かかと体重と手打ち防止のため

お尻を上向きにすることで、骨盤からしっかり前傾を作ることができます。お尻の位置が低く腰が落ちたり、必要以上にひざが曲がっていると、体重が後方(かかと側)にかかり、スイング中に前傾が起き上がりやすくなってしまいます。

またお尻が低くひざを曲げすぎていると適度な前傾が取れず、フトコロが狭くなることで腕が通るスペースが十分確保できなくなります。スペースが取れないと、上半身が回転しにくく手だけで打ちにいってしまうのです。

3. 脚を長く見せる

お尻をチェックする際は、背後から誰かに見られていると仮定しましょう。その視点の相手になるべく脚を長く見せるようにアドレスできていればOK。イメージは腰を上から糸で吊られているような感覚。そうすることで、お尻はツン♪と上を向き、前傾角度をしっかりキープできますよ♪

【今回のまとめ】FWを打つ前はお尻チェック♪

・アドレス時のお尻の向きを確認する。
・背後の人に脚を長く見せる意識で立つ。

取材協力/江戸崎カントリー倶楽部

解説/岡村優(おかむら・ゆう)
1997年生まれ、茨城県出身。小学生の頃にレスリングの全国大会で4連覇を達成。ゴルフは8歳から始め、13歳のとき出場した中国ツアーの大会で2位に入り脚光を浴びる。今季はステップアップツアー優勝とプロテスト合格を目指す。

岡村優'sレスキュー 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

ゴルファー保険 新規ご成約キャンペーン!
mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス