レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは「スライサーは左に振り抜く」の罠

ハマるな危険! あるあるレッスンに潜む罠

「スライサーは左に振り抜く」の罠

2020/04/14

スイングやクラブ選択において、正しいことをしているはずなのに何故か進歩しない。そんなアマチュアゴルファーは、上達を妨げる「レッスンの罠」にハマっているのかもしれません。レッスンスクール「ゴルフテック」の中村晃文コーチが主な例を挙げながら、テーマごとに解説します。

「スライス回転の球筋を変えるには――右に振り抜く」

スライスに悩むゴルファーは、右への曲がりを嫌うあまり、クラブを左方向に振り抜こうとする方が多いようです。しかし、実は右方向に振り抜くことがスライス解消への近道。左方向に強く振り抜くほど、スライスの曲がり幅がさらに増えてしまう危険性があります。その仕組みを理解するためにも、今回はクラブの軌道が球筋に与える法則について説明しようと思います。

写真の模型は、インパクト直後のクラブ軌道とフェースの向き、そして打ち出されたボールの回転軸の傾き(曲がる方向)を表したものです。(A)はスライス、(B)はフックの球筋を示しており、今回は球筋に与える要素をクラブ軌道に絞るため、フェースの向き(打ち出し方向)はどちらもターゲットに対して真っすぐにしています。

左方向へアウトサイドイン軌道の(A)は、ボールが右側に傾いていますね。傾いた方向はそのままボールの回転軸の傾きを表しており、右に曲がるスライス回転がかかっていることを示しています。対して右方向へインサイドアウト軌道の(B)はボールが左側に傾いており、左に曲がるフック回転になりました。インパクト時のフェース方向が同じでも、クラブの軌道によって球筋が変わることが分かります。

では、実際に7番アイアンでボールを打った2パターンの球筋を弾道計測器で比較してみましょう。画像の黄線はクラブを(A)と同じ左方向、赤線は(B)と同じ右方向に振り抜いたものです。どちらのボールもフェースの向きに飛び出していますが、黄線は緩やかに右へ曲がるフェード、赤線は緩やかに左へ曲がるドローの球筋に分かれました。

これらの法則を理解した上で、改めて模型(A)を見てみます。クラブ軌道が左を向くほど青色の矢印が長くなり、ボールの右への曲がり、つまりスライスの幅が増えることがイメージできると思います。まずはスイング軌道がボールに与える影響をしっかりと意識しながら、球筋の改善を目指しましょう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

ゴルフ保険に加入して、ゴルフアイテム当たる
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス