レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは100切りのカギは30~50ydのアプローチ

青木翔が教える「100を切る」6つの技術
100切りのカギは30~50ydのアプローチ

100切りのカギは30~50ydのアプローチ

100切りを目指すゴルファーは、春のゴルフシーズンに向けて、今からしっかり準備しておこう! 渋野日向子を指導して注目を浴びた青木翔コーチが、コンスタントに100を切るためのポイントを全6回に渡ってレッスンします。動画では、「トップトレーサー」を使って遊び感覚で上達できる練習法も紹介。第1回はアプローチの距離感の磨き方です。

重点的に「30~50yd」を磨く理由

100切りを目指すゴルファーに、まず練習してほしいのはアプローチショットです。「ドライバーで気持ちよく飛ばしたい!」という気持ちは分かりますが、グリーン周りからのショットの精度が上がれば、スコアはずいぶんと崩れにくくなります。

特に調子の波に左右されにくい残り30ydから50ydの距離から、自信をもって確実にグリーンをとらえられるようになると、実際のラウンド中に集中すべき課題が整理しやすくなり、100切りを容易にしてくれるはずです。

不安定なアプローチの原因は“手打ち”

100を切れないゴルファーに多いのは、手先だけでクラブを動かす、いわゆる手打ちです。特に距離が短いアプローチショットは、手先だけでも飛ばすことができるため、スイング始動で手首だけを使ってヒョイとクラブを上げたりしてまう人は多いんです。

また、インパクトからフォローにかけてヘッドを目標方向に出すときにも手先を使ってしまう人も多くいます。手打ちスイングでは体の動きが止まり、ヘッドの動きが不安定になります。短い距離でもしっかり体を動かすことで、方向性も距離感も合いやすくなります。

アプローチの精度を高める練習法

アプローチの精度を高めるための練習法を紹介します。シャフトの真ん中辺りを握り、グリップを左脇腹に当ててアドレスします。この状態で素振りをしてみてください。

ポイントは、グリップが左脇腹から離れないようにすること。もしもグリップが離れるようなら、手先を使ってスイングした証拠です。手首を使わずに背中などの大きい筋肉を使って体を動かすと、ヘッド軌道が安定しやすくなります。

また、アライメントスティックを持っている人は、クラブとスティックを一緒に握り、左脇腹にスティックを当てたままスイングしましょう。実際にボールを打つと、距離感も同時に身に付くのでより効果的です。

青木翔が教える「100を切る」6つの技術 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

青木翔(あおき・しょう) プロフィール

1983年生まれ、福岡県出身。2011年からレッスン活動をスタートし、翌年「AOKI SHO GOLF ACADEMY」を設立。渋野日向子三ヶ島かな野澤真央らを指導している。2020年、ゴルフダイジェストアワード「レッスンオブザイヤ―」受賞。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス