レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは風で迷ったら「山を張る」or「刻む」、どっち?/教えて甲斐慎太郎編

正解はどっち?

風で迷ったら「山を張る」or「刻む」、どっち?/教えて甲斐慎太郎編

アゲンストでは“ややユッタリ”!

「テンポは同じまま大きな打ち方は変えませんが、本当に微妙な感覚で行っているコツがあります。アゲンストと感じた状況では、ゆっくり振ること。シャフトのしなり感が自然と抑えられ、弾道を低く長く保って打っていけるイメージが持てるのです。またスピン量も減るため、風の影響を受けにくくなります。

風の強さは一定ではない!

ただしピンの位置によっては、上記の打ち方ができないときもあります。というのも風の強さは常に一定ではなく、強くなったり、弱くなったり、一瞬止まることもあるからです。もしもショットした瞬間に風が弱くなったり、止まってしまった場合、ピンを大きくオーバーしてしまう危険もあります。

リスクの大きさ=『刻む』重要性!

また、ピンの位置がグリーンの手前なのか奥なのかで、風を計算して大きめで打ったり小さめで打ったりしないとけません。ですから、冒頭でお伝えした通り、風の読み違いは大きなリスクにつながるわけです。ですから、やはり風が読めない状況では『山を張る』ではなく『刻む』選択をしていただきたいと思います。次のアプローチにつなげるセカンドショットをオススメします」。

解説/甲斐慎太郎
1981年5月29日、宮崎県生まれ。中学2年生でゴルフを始め、福岡県の沖学園高校から日本体育大学に進学。4年生時には日本アマと日本学生選手権を制覇。04年にプロ入りし、08年の「パナH杯KBCオーガスタ」でツアー初優勝。今季は2011年以降、喪失しているツアーシード権の復活に期待がかかる

撮影協力/ルコックゴルフ、ゴルフ倶楽部成田ハイツリー

おすすめ記事通知を受け取る

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス