レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはLesson.4 朝イチの練習場での考え方

植村啓太のフィーリングゴルフ

Lesson.4 朝イチの練習場での考え方

2014/04/28

その日の自分の球筋を確認しておこう

今回は朝イチのスタート前練習の考え方がテーマです。朝イチ練習の大きな意味は、その日の自分の球筋を確認することです。もちろん体をほぐすことも重要な部分ですが、練習量の少ないアマチュアにとっては、その日にどのような球が出るのかを知り、その球筋でコースを攻略するべきなのです。スライスが出たからスライスを直そうとするのではなく、曲がり幅を小さくする工夫をするのです。では具体的に説明していきましょう。

スイング修正はNG

朝の練習場ではスイング中の動きを変えることはおすすめできません。ミスが出たら、そのミスの度合いが小さくなるようにアドレスに手を加えましょう。例えば練習場でボールを打ったら全くボールに当たらないという人は、まずはクラブを短く持ってみましょう。短く持つだけでスイングはコンパクトになります。また、余計な動きが入りにくいのでミート率は上がるはずです。

ボール位置を少しだけ右足寄りにする

次にトップやダフリが止まらないという人は、ボール位置を少し変えてみてください。例えば少し右足寄りに置いてみて、早くボールにコンタクトさせることで、トップのミスを防ぐことができます。ただ、注意して欲しいのは一気に右足寄りに置かないことです。移動させるのはボール半個か1個ずつ。微調整しながら、その日に最もボールによく当たる位置を探し出すのです。

ボールとの距離を変えてみる

フェース面のトゥ側もしくはヒール側にばかり当たるという人は、自分とボールとの距離に着目してみてください。この部分はプロでも知らず知らずのうちに狂う箇所で、少し変えるだけで大きく変化する可能性があります。一例ですが、ヒール側に当たる人は、ボールに近過ぎて、トゥ側に当たる人は離れて立ち過ぎている可能性があります。

コースに出たら理想の球筋を追いかけないこと

実際のラウンドで何が目標なのかにもよりますが、ほとんどの人は良いスコアを出すことを目的にしていると思います。朝イチの練習場で出たミスを直そうとすればするほど深みにはまります。朝イチの練習場は、直後のラウンドで自分が付き合うべき球筋を確認するのがその意味だということを忘れないでください。理想の球筋を追いかけるのではなく、自分のその日のクセ球で攻略する。これも上達するための効果的な方法なのです。

【動画】Lesson.4 朝イチの練習場での考え方

朝の練習場で出た球筋を活かすことを考えましょう!

おすすめ記事通知を受け取る

植村啓太
1977年5月27日生まれ。21歳からティーチング活動を始め、その後ツアープロコーチとして幾人ものプロを担当。自身の主宰する「K’s Island Golf Academy」を中心に、多岐に渡り活躍中。ゴルフ誌をはじめ、幅広いメディアにも出演。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

ゴルフ保険に加入して、ゴルフアイテム当たる
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス