レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはLesson.19 芝の薄いライからのアプローチ

植村啓太のフィーリングゴルフ

Lesson.19 芝の薄いライからのアプローチ

2014/08/11

クリーンに打ちたくなるけど打ち込みは危険

芝が薄かったり、土がむき出しになっていたりするようなライからのアプローチは、かなり難度が高いと言えます。心理的には上目からパチンとヘッドをボールにぶつけたくなるものですが、入射角が鋭角になると打点が1点になってしまうので、さらに難しくなってしまいます。こういった芝が薄いライこそ、低い位置からヘッドを入れて、低い位置に振り抜く打ち方が必要なのです。

撮影協力:サウジャナ ゴルフ&カントリークラブ(マレーシア)

ボールの側面を横から払い打つ

鋭角に打ち込まずに、ヘッドを低く動かすコツは、ボールの側面を真横から払い打つイメージを持つことです。手首の動きをあまり入れずに、ほうきで地面を払うようにクラブを動かす。低い位置から入れることで、ザックリでほとんど飛ばないというようなミスは出なくなります。また、ボール位置は右足の前にしておくと、ミート率が高くなります。ただ、右足の外側に置くと全くボールが上がらなくなるので注意してください。

クラブは短く持って左足体重で構える

テークバックからトップ、インパクトにかけて、できるだけ無駄な動きを排除したいので、アドレスで左足体重に構えておきます。スイング中も左足体重のままにします。トップから最短距離でボールをヒットできるので、クリーンにボールに当たる確率が高くなります。スイングも左右の動きはできるだけ抑えるようにしましょう。左右に体が動く分だけ、クリーンに当たる確率は低くなります。

目線はボールの左側

できるだけボールに直接当てたい。ただ、手先で当てにいくとインパクトがゆるむのでミスになってしまいます。そこで目線を変えることでクリーンに当てやすくしましょう。ポイントはボールの左側を見ながらインパクトすることです。違う表現をすれば、ボールの左側にもうひとつ仮想のボールを想定して、その仮想ボールを打つつもりで振りましょう。体の上下動も抑えられて、きっちりボールをヒットすることができます。

【動画】Lesson.19 芝の薄いライからのアプローチ

上から打ち込む意識は禁物!ヘッドを低く動かしましょう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

植村啓太
1977年5月27日生まれ。21歳からティーチング活動を始め、その後ツアープロコーチとして幾人ものプロを担当。自身の主宰する「K’s Island Golf Academy」を中心に、多岐に渡り活躍中。ゴルフ誌をはじめ、幅広いメディアにも出演。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス