レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはLesson.24 パッティングラインを読むためのポイント

植村啓太のフィーリングゴルフ

Lesson.24 パッティングラインを読むためのポイント

まずはボールの転がるスピードをイメージする

ラインを読むことはパッティングにおいて誰もがやらなければならないこと。真っ直ぐに見えてもスライスだったり、フックだったりすることもあります。ラインと言うと左右どちらかに曲がるかを、まず確認する人が多いと思いますが、まずはカップまでの距離を打つのに必要な、ボールのスピードをイメージします。要するに上っているか、下っているかを先に確認する必要があるということです。

真横から見ると上り&下りは確認できる

グリーンによっては、周囲の景色の錯覚で、上っているのか下っているかがわかりにくいグリーンがあります。そんなときはボールとカップを結んだラインの真横から見るといいでしょう。このとき、地面の高さが高い方から見るのではなく低い方から見ると傾斜がよくわかります。そういった意味では、セカンドショットやサードショットを打ってグリーンに向かうときに、全体の傾斜を確認しておくことが大切になります。

カップの反対側から左右の傾斜を確認

ラインを見るときは必ずカップの反対側からも見るようにしてください。ボール位置から見るだけでは、見えない傾斜が見えてくることがあります。また、左右の曲がり幅というものは、なかなか一方からでは確認できないものです。スロープレーにならないように注意して、色んな角度からラインを確認することが理想です。

ラインが見えないときは体勢を低くする

プロゴルファーでも、体勢を地面ぎりぎりに低くしてラインを読むことがあります。これは、見た目には奇抜ですが、実は理にかなっているのです。地面にできるだけ目線を近づけたほうが、傾斜ははっきりと見えます。高い位置から見ると、平面のように見えてしまったり、左右の曲がり方を逆に読んでしまったりすることだってあります。基本はボールの真後ろから見て、さらに余裕があれば、グリーンを傷つけないように注意しながら体勢を低くして読んでみてください。

【動画】Lesson.24 パッティングラインを読むためのポイント

低い位置から傾斜を確認するのがポイントです!

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

植村啓太
1977年5月27日生まれ。21歳からティーチング活動を始め、その後ツアープロコーチとして幾人ものプロを担当。自身の主宰する「K’s Island Golf Academy」を中心に、多岐に渡り活躍中。ゴルフ誌をはじめ、幅広いメディアにも出演。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス