レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはLesson.34 スライス徹底矯正!その4

植村啓太のフィーリングゴルフ

Lesson.34 スライス徹底矯正!その4

2014/11/24

フェース面を真っすぐ当てようとすることの弊害

ある程度クラブを振れるようになってくると、真っすぐにボールを飛ばしたくなるものです。そうなると人間の心理として、ヘッドをなんとか真っすぐ当てようとします。真っすぐ当てることはもちろん悪いことではありませんが、あくまでも結果的に真っすぐに当たるのが理想。手先で真っすぐに当てようとすると、余計にフェースは開いてしまう可能性があるのです。

左ヒジの向きで悪い動きの原因がわかる

フェース面をボールに対して真っすぐに戻そうとすると、左ヒジがターゲット方向を向きやすくなります。このようなインパクトの形になると、フェース面は必ず開きます。なぜ、このようなヒジの向きになるのかというと、フェースを返す意識が全くないからです。フェースローテーションは、スイング中に必ず起こるべき動きで、これがなければ、つかまった球を打つことはできません。

手元が体から外れるとフェース面は返せない

フェースローテーションができない人に共通する動きは、手元が動き過ぎることです。特にインパクトからフォローにかけて、手元が体から離れていくような人は、フェース面が開きっぱなしになるので、右に出て右に曲がる大スライスになってしまいます。左腕が体の前で回転するようなイメージで、フェースをローテーションさせる動きが必要になります。

左ヒジの内側の向きでフェースローテーションができる

フェースローテーションを上手く行なうためのドリルが、左ヒジの内側の向きを意識することです。アドレスでボール位置を12時としたときに、左ヒジの内側の向きを3時に回します。そこから左ヒジの内側を12時に向けます。この動きだけでフェースローテーションは完結します。手首を返したり、無理やり体の動きでフェースをターンさせようとしても、効率が悪くなるだけ。左ヒジの内側を意識すれば、少ない動きで、ヘッドの運動量が多くなる、効率の良いフェースターンでボールをつかまえることができます。

【動画】Lesson.34 スライス徹底矯正!その4

ヒジの向きを意識してボールをつかまえましょう!

おすすめ記事通知を受け取る

植村啓太
1977年5月27日生まれ。21歳からティーチング活動を始め、その後ツアープロコーチとして幾人ものプロを担当。自身の主宰する「K’s Island Golf Academy」を中心に、多岐に渡り活躍中。ゴルフ誌をはじめ、幅広いメディアにも出演。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス