レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは1mパットを外してしまう本当の理由 宮田成華

女子プロ・ゴルフレスキュー

宮田成華'sレスキュー
1mパットを外してしまう本当の理由 宮田成華

「ショートパットの精度向上」をレスキュー♪

【アマチュアゴルファーRさんの悩み】
「1mほどのショートパットを右に左に外してしまいます。いつも練習しているようにストロークしているつもりなのですが…」

宮田成華のレスキュー回答】
多くの方がショートパットを外してしまう理由を、ストロークにあると勘違いしています。特に1mほどの短い距離では、ストロークの良し悪しで大きく結果は変わりません。それよりも本当の理由は、その日その日で変わってしまう微妙な感覚のズレにあると思っています。

1. その日のズレを把握する

本番当日の感覚のズレを把握するには、スタート前に練習グリーンで、左右どちらに外す回数が多いかを確認します。左に引っかけているのか、右にプッシュしているのか。だいたいの感覚で良いので、ズレている傾向を知っておくことが肝心です。

2. 引っかけ気味の場合… 吊り気味に構える

カップの左に外しがちな時は、ボールをつかまえる傾向が強い証拠です。通常時よりボールに近づいてアドレスをとり、ハンドアップに構えてください。パターのソール全面がグリーン面と接地するようなイメージで、腕を吊り気味に構えましょう。

3. プッシュ気味の場合… 左わきを締める

カップより右に外しがちな時は、インパクトでボールを押し出している傾向が強いです。ボールはいつもより少し左足寄りに置き、手は絶対に前(カップ方向)に出さないように、左わきを締めてストロークするように、心がけましょう♪

【今回のまとめ】吊り気味or左わきで対処しよう!

・その日のズレを把握する。
・左に外しがちな時… 吊り気味に構える。
・右に外しがちな時… 左わきを締める。

取材協力/八王子カントリークラブ

宮田成華'sレスキュー 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

宮田成華(みやた・なるは) プロフィール

1997年生まれ、東京都出身。ドライバーの平均飛距離は約240ydで、攻めのゴルフを貫くショットメーカー。2017年より国内女子ツアーに参戦し、昨季は4度目の挑戦となったプロテストに合格。2020年シーズンの目標はステップアップツアー優勝。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス