レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはアイアン練習に最適な“アレ”とは!? 桑山紗月

女子プロ・ゴルフレスキュー

桑山紗月'sレスキュー
アイアン練習に最適な“アレ”とは!? 桑山紗月

「アイアンのミート率が低い人」をレスキュー♪

【アマチュアゴルファーHさんの悩み】
「アイアンでのミスショット後、よく同伴者から『手打ちになっているよ』と指摘されます。どうすれば、クラブとの一体感を生むことができますか?」

桑山紗月のレスキュー回答】
アイアンのミート率を上げるためには、クラブが必ず体の正面にある意識が重要です。常にクラブが正面に位置していれば、腕に頼った動きではなく、上体の回転でボールを運ぶことができるからです。体の回転を促す良い方法として、今回は“アレ”を使った練習法をおすすめします。

1. 両わきに“アレ”を挟んで練習する

“アレ”とは、タオルのことです。定番の練習メニューともいえますが、タオルを両わきに挟んで打つドリルが、おすすめです。タオルは前ではなく後ろ(背中)側から通し、肩甲骨を意識しながら、上体と両腕との一体感を得やすくしておきます。

2. 運動量は“腕<上体”のイメージ

タオルが落ちてしまう原因は、上体の回転不足にあります。回転が止まって腕の運動量が上回ると、必ずわきが開き、クラブが体の正面から外れてしまいます。上体は腕よりも大きく動かし、腕<上体の運動量というイメージで振ります。

3. ヘッド軌道の調整でも“アレ”を使う

もうひとつタオルを使ったメニューとして、ヘッド軌道を描くようにタオルを地面に置きます。タオルを置くことで軌道を無意識に把握でき、スイング中に体が反応できるようにしておくことが重要です。

【今回のまとめ】練習場には必ず持っていこう♪ “アレ”

両わきにタオルを挟んで練習する。
・運動量は腕<上体のイメージ。
ヘッド軌道の調整でもタオルを使う。

取材協力/光風台ゴルフガーデン

桑山紗月'sレスキュー 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

桑山紗月(くわやま・さつき) プロフィール

1998年1月20日生まれ、千葉県出身。12歳からゴルフを始め、高校から入ったゴルフ部で本格的に競技に取り組む。4度目の挑戦となった2021年11月のプロテストに合格。今季4戦目のステップアップツアー「九州みらい建設グループレディース窓乃梅カップ」にて、最終日4打差を逆転し、プロ初優勝を挙げた。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス