レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは“3パットさせないストローク” 山里愛

女子プロ・ゴルフレスキュー

“3パットさせないストローク” 山里愛

「40パット」越えなら、ストロークを疑おう!

【アマチュアゴルファーの悩み】
「狙ったところに打てず、1ラウンドのパット数が40打を超えることも…。基本的なストロークの仕方を教えてください」

3パットを何度もしてしまう人は、ストロークが不安定な場合が多いです。せっかく狙いを定めても、そこに打ち出せなくてはカップインの確率は激減します。私がストロークで気をつけているポイントをお教えします。

パットは「小さなショット」と考える!

私は、パッティングはあくまでも「小さなショット」と考えています。ショットの軌道と同じく、手先ではなく大きな筋肉を使うと効果的にストロークを安定させることができるのです。

打つ距離はショットと比べて短いので、手首だけでも打ててしまいますが、それでは再現性が低くなってしまいます。毎回パターの芯でボールを捉えるのであれば、手先は余計な動きをしないことが理想です。

「二の腕」を意識!

体全体の意識を強めるには「二の腕」に意識を働かせ、ストローク中は体から離れないようにテンションをかけてください。意識が「二の腕」にあれば、ヒジから先の余計な動きはセーブできます。

仮想の壁に「お尻」を付けたまま!

パッティングを安定させるには、必要以上に軸を動かさないことも大切です。プロのパッティングを見ていると、打ち終わった後も顔は下を向いたまま微動だにしないシーンを見たことがあるはずです。

特に下半身が動くプロゴルファーは皆無と言ってもよいほど。私も背中側に仮想の「壁」をイメージし、そこにずっとお尻を付けている感覚を持っています。”絶対にお尻は離さない”と覚えておいてください。

「頭」を上げるタイミングに注意!
おすすめ記事通知を受け取る

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

24時間お得にタイのゴルフ予約!GDOタイランド
mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス