レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは“花道アプローチは打つ前が肝心!” 竹村千里

女子プロ・ゴルフレスキュー

“花道アプローチは打つ前が肝心!” 竹村千里

花道こそ“基本”に立ち返る!

「比較的やさしいライである花道からのアプローチショット。この状況で『方向性や距離感が合わない』というゴルファーは、アドレスやスイングでのちょっとした勘違いが原因となっていることが少なくありません。花道から約30ヤード程度のショットは、アプローチの基本の『き』。もう一度、おさらいしてみましょう。

スタンスは“狭める”

まず大切になるのがアドレス。アプローチは飛ばすショットではないので、通常のショットに比べスタンスを狭くします。スタンスが狭まれば、それに比例して振り幅も自然と小さくできます。同時にややオープンスタンスにすることでプレーン上に上げやすく、振り抜きも良くなります。

ボールは“右足寄り”、体重は“やや左足”

スタンスを狭めたら、ボール1個から半分程度は右足寄りにセットします。体重配分は左6、右4が基本となります。この時に注意したいのが、手元の位置と体重配分です。スタンスを狭く、ボールを右足寄りにセットしたことで、手元がハンドレイトに、体重配分は右足体重になりやすいのです。

花道の大半が“左足上がり”と覚えておこう!

特にグリーンがボールより高い位置にあると、左足上がりのライとなることが多く、ハンドレイト&右足体重の傾向は強くなります。この状態ではクラブをインサイドに引きやすかったり、ロフト通りのインパクトがしにくかったり、ミスの原因となってしまいます。

体重配分は“アドレス”のまま!
おすすめ記事通知を受け取る

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス