レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはパッティングのズルい!?練習法

パッティングのズルい!?練習法

パッティングのズルい!?練習法

おててを使ってコロコロコロ・・・。もちろんコースでは、こんなズルいことはできません。でも、手で転がす感覚に近いストロークを身につけることが、パッティング上達の近道なんです。まずは、この練習法で、そんなズルい感じを身につけてください。パット上達の極意がここにあります!

フェースにボールを付けてセットアップ

テークバックは一切なし。フェースをボールにピッタリとくっつけて、セットアップしてください。その状態から、2mくらいの目標に向かって打っていきます・・・。

打つのではなく押す

あっ、「打つ」のではなくて、「押して転がす」と言った方が適切でしょう。最初からフェースにボールがくっついた状態なのですから、グッと押してボールを転がすしか、方法はないはずです。

フェースから徐々にボールが離れていく感じ

押してボールを運ぶのですから、しばらくはボールがフェースにくっついたまま転がっていきます。そして、ある程度、加速したところで、ボールがフェースから離れていきます。だいたい、写真のようなところでボールが離れていきます。

当然、こんな風に手首をこねたりしませんよね

ズルい感じでボールを押して、できる限り目標にまっすぐ進ませたいなら、途中でこんな風に、手首をこねたりしないはずです。

ズル過ぎるのもNG

あるいは逆に、できる限り、フェースでボールを押し続けようとして、肘を大胆に使ってしまうのは、ズル過ぎます。というか、これだとボールの転がりが非常に悪くなってしまうのです。それは、何故か??

フェースは自然に地面から離れていくこと

ボールを押す練習で大切なのは、自然な転がりを身につけることです。正確に言うと、フェースはボールを押しながら、徐々に地面から斜めに浮いていき、最後に写真のような感じで離れていくのが正しいストロークです。
これはまさに、手で転がして行くときに、指先からボールが離れていく感覚です。この練習を重ねることで、順回転でボールが転がるスムーズなストロークになるのです。手で転がす感じがつかめるまで、徹底的に練習してください!!

【協力】コナミスポーツクラブたまプラーザ

おすすめ記事通知を受け取る

齋藤雄二 プロフィール

神奈川県出身。1975年生まれ。コナミスポーツクラブたまプラーザ勤務。実弟はゴルフダイジェスト社のドラコンチャンピオンで、自らも300ヤードをかっ飛ばすロングヒッター。飛ばしはもちろん、ショットの精度を上げるスイング理論についてもバッチリ伝授いたします。

上達ヒントの宝箱 アクセスランキング

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス