レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはつかまり過ぎるしトップする!!

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

つかまり過ぎるしトップする!!

2012/06/13

打った後にクラブを体の正面に戻してみましょう!

スイング軌道は男子プロも属するAゾーンなので、それほど問題の根っこは深くないんです。軌道はストレートに入っているのに、フックが出るということは、そもそも、グリップの時点でクラブフェースが大きく閉じてしまっているんですね。いつも通り、何回か打ってみて、そのグリップのまま、クラブを体の正面に戻してみてください。最初からかなり、閉じていることが分かりますよ。では、一体どうして、こうなってしまうのでしょうか?

グリップエンドのポジションが錯覚を与えます

アドレスをもう一度検証してみましょう。これまでのセットアップだと、グリップエンドがかなり左にありますよね。その位置で、グリップを決めてしまうと、体の正面に戻したときに、かなりフェースが閉じてしまっていることが分かります。グリップを決める前に、グリップエンドが左にある状態だと、開いて見えるのに、正面に戻すと実は大きく閉じてしまうんです。つまり、フックするからと、グリップエンドを左にして、開き気味に構えようとすれば、もっと閉じてしまうという悪循環に陥ります。

体の正面でグリップを決めて錯覚を撲滅!

グリップエンドが左にある状態で、グリップを決めれば、閉じてしまいます。フックを嫌がり、グリップエンドはもっと左へ。そして、開いているつもりなのに、もっともっと閉じていく…。この悪循環を断ち切るには、体の正面でグリップを決める癖をつけることです。そうした基準を定めることで、知らず知らずのうちにアドレスを乱す錯覚を撲滅するのです。

体の正面で決めたら握り直さないこと

左にグリップエンドがある状態で握ればフェースはクローズになりやすく、逆に、右にグリップエンドがある状態で握れば、フェースはオープンになりやすい。どちらも、見た目と逆の結果になるので、注意が必要です。ですから、グリップを決める際には、グリップエンドを体の中央にした状態でグリップを決め、微調整するする際も、体の中央で決めることが肝心です。そして、一度体の正面でグリップを決めたら、決して握りなおさないこと!

ウィークかストロングかも、体の正面で決める

サイエンスフィットのデータによれば、リストターンを積極的に使う人は、フェースの開閉を使うので、左手はウィークに握ります。一方、多くの受講者におすすめしているボディターンスイングでは、ストロングにセットして、左手の拳が2ナックル見えるくらいに握ります。ウィークかストロングか、この基準も必ずグリップエンドを体の正面に向けた状態で決めてください。まずは、ストロンググリップでスクエアを決めてみましょう。

フェースが閉じているからすくい上げる動きが働きます

廣川さんの場合、スイング軌道には何も問題がないので、あとはグリップを体の正面でスクエアにすることだけ。体は正直です。フェースが閉じてしまっていて、どうしても引っ掛けたり、ボールが上がらなかったりするので、すくい上げるスイングが身についてしまっているんです。アプローチでトップするのも、これが根本的な原因です。グリップを正すことで、徐々にスイングが改善されていくはずです。

スライスボールが出始めました!
おすすめ記事通知を受け取る

廣川さん プロフィール

「ドライバーは自分が振っている割には、全然飛んでいない感じがしますし、ミスのほとんどは引っ掛けでスライスすることはありません。他のクラブではトップに悩まされていますね。フェアウェイウッドは、大きなミスになるのでほとんど使えないし、アイアンも引っ掛けたりトップしたり。アプローチもことごとくトップして、グリーン周りを行ったり来たり…。きっと、すべてに共通する根本的な原因があると思うのですが、是非それを知りたいですね」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。矢野東原江里菜といったトッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス