レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは全然ボールが上がりません!!

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

全然ボールが上がりません!!

グリップの時点でフェースが閉じています

前回のケース同様、スイング軌道は良いのにフックするという場合、原因はほぼ一つ。グリップの時点で、フェースが閉じてしまっているのです。フックが出たときには、クラブを体の正面に戻してみましょう。必ず、フェースがクローズの状態になっているはずですよ。これは、グリップするときに、クラブを体の真正面に置いた状態で、スクエアにしていないからです。

ハンドファーストの状態でグリップを決めないこと

ハンドファーストにアドレスするからといって、その状態でグリップを決めないことです。写真のようにハンドファーストの状態でスクエアにして、そこでグリップを決めると、フェースはクローズになりやすいんです。ハンドファーストにするとフェースが開いているように見えるからです。またハンドファーストの度合いによっても、フェースの向きはまちまちになります。ですから、体の正面にグリップを向けた状態で、フェースをスクエアにして、そこでグリップを決めることを基本にしてください。

下半身の固めすぎにも注意

フェースがクローズになりやすい問題はすぐに解決しますが、もう1点問題があります。それは、下半身を固めすぎてしまっていることです。テークバックでは、顔が正面を向いたままで体がしっかりと捻転できず、インパクトでは下半身が正面を向いたまま。腰がしっかりと回っていないんですね。フェースがクローズ気味になっていたので、ボールを無理やり上げようと、すくい上げる意識が、腰の正しい回転を歪めていたと考えられますね。

軸の意識は右膝を動かさないことに集中

右膝が流れないようにする意識から、下半身全体を固めてしまったことが、腰のスムーズな回転を阻んでいた要因です。右膝だけでなく左膝も固まっていたんです。そして、テークバックで顔は正面を向いたままでした。軸を保つ意識は、右膝の角度を保つことだけ。左膝は右に寄って行って構いません。体の回転軸は首の後ろ側になるので、写真のように、顔は少し右に回転する方が自然なんです。

クラブを水平に持って体の回転を再確認

右膝の角度を変えないようにして、体の回転を再確認して見ましょう。クラブを写真のように水平に持って、上体を捻ってみましょう。右膝の角度と前傾姿勢を崩さないことがポイント。体がこれまでより深く捻れる感じがするはずです。ダウンスイングでは、胸を一気にターゲット方向へと反転させて、捻った体を開放する感覚です。

インパクトで腰はターゲット方向に開く

インサイドアウト軌道の強いドローボールで飛距離を稼ぐ女子プロに共通するのは、インパクトの際に腰はターゲット方向に開いた状態になっていることです。テークバックで体の捻れが浅く、すくい上げるような打ち方だと、インパクトで腰がスムーズに回転できず、下半身が正面を向いたままになりがちです。右膝を保つことに意識を集中して、体を十分に捻れば、腰が自然に回転し、女子プロのようなインパクトができるようになってくるはずです。

右に出るドローボールに変化!
おすすめ記事通知を受け取る

田辺さん プロフィール

「どのクラブも全体的にボールが上がらないし、飛距離が出なくて困っています。ミスの傾向としては、左に出ることが多く、トップも多いですね。スイングでは、テークバックで右膝が流れないように下半身を固めるよう意識しています。番手どおりに、気持ちよく上がるボールを打ちたいのですが、球が上がらない状態から抜け出すことができません」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。トッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス