レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはコースで乱れる生のミスショットを徹底検証!

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

コースで乱れる生のミスショットを徹底検証!

2012/09/05

フェース向きの乱れとスイング軸の乱れ

練習場では良いスイングができるのに、コースでは乱れてしまう2大原因は、フェース向きの乱れとスイング軸の乱れにあります。どちらも、ショットが乱れたときに、その原因が自分ですぐに分かれば修正できますが、それが分からないと、スイング自体を疑い始めます。その場しのぎの修正を重ねてしまい、自分本来のスイングも見失ってしまいがち。今回は、この2大原因にクローズアップしましょう。

突然のチーピンはフェースの向きを疑え!

普段どおりのスイングが出来ていれば、絶対こんなショットはありえないということが、コースでは平気で現れます。突然のチーピンがその好例です。球筋はスイング軌道とフェースの向きが決定します。普段どおりスイングしたつもりなのに、急激に左に大きく曲がるようなショットが出たときには、まずフェースの向きが狂っていると見て、間違いありません。ミスが出たときには、そのまま握り変えずにに、体の正面にヘッドを戻してみましょう。チーピンが出た後は、大きくフェースが被っている場合が多いのです。

最初のフェース管理を慎重に!

どんなショットでも、最初のフェース管理を慎重に。それだけでも、ミスの度合いが軽減しますし、ミスが出た場合に、疑うポイントとして、他の部分に目を向けられるからです。体の正面でフェースをセットしたら、握りなおしたりしないこと。ハンドファーストの状態でグリップを決めていると、チーピンが出たときには、もっとハンドファーストになってきます。見た目にはオープンにしている感じがするからです。でも、実際は逆にフェースが閉じるので要注意です。

打ち上げホールのミス、アイアンのトップはスイング軸を疑え!

コースではスタジオにない視界が広がり、毎ショット景色が変わります。スタジオでは、視線が一定ですが、遠くまで見渡せるコースの開放感の中に置かれるだけでも、ついすくい上げるミスが出てしまいがち。すぐにボールの行方を追いたいと思うだけでも、すくい上げがちになります。特に、打ち上げホールで視線が上方になったり、アイアンショットで高く上げたいときなどは、ダウンスイングでスイング軸が右足側に傾きがちになります。

スイング軸の乱れは突っ込みかすくい上げ

スイング軸のコースでの乱れは極論すると、突っ込みかすくい上げしかありません。テークバックで正しい軸回転ができていれば、こうしたミスは出にくいのですが、ダウンスイングで体がすぐ起き上がったり、手で降ろして突っ込む場合は、後方にヘッドカバーなどを置いて、ダウンスイングで視界にヘッドカバーを残すようにすると、軸回転の乱れが直ってきます。ただし、方向を示すものとしてルールに抵触する恐れがあるので、後方の落ち葉など、別の目標を見つけてください。

クラブが寝てしまうインパクトに注意

インサイドアウトから理想のインパクトができるAゾーンスイングの人で、注意したいのは、ダウンスイングでクラブが大きく寝てしまうこと。アイアンのトップ、プッシュアウト、掴まえようとして引っ掛けなど、さまざまなミスにつながります。これは、テークバックで下半身が回りすぎて、ヘッドの戻りが遅くなることが原因。テークバックの右膝の角度キープという基本は、皆知っているはずですが、コースでは基本を忘れがち。また、このようにボールの箱を置いてショットしても、インサイドがきつくなる癖が軽減できます。

基本が守れたときには必ずナイスショットが出ることを体感!
おすすめ記事通知を受け取る

Aゾーン 3名 プロフィール

「サイエンスフィットを受講し、スタジオでは理想のスイングに近づいてきたという自信があります。しかし、コースに出ると、スタジオでは出なかったような、大きなミスショットが出てしまいます。実戦で、知らず知らずのうちに乱れてしまうところや、特に気をつけなければいけないポイントを、生のミスショットを見てレクチャーして欲しい」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。トッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス