レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは【3ヶ月集中特訓企画】理想のAゾーンスイングを徹底マスター(3)

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

【3ヶ月集中特訓企画】理想のAゾーンスイングを徹底マスター(3)

2012/12/05

つかまえる姿勢を再チェックしましょう!

正しいスイング軸をより安定させるレッスンの前に、まずは、ボールを掴まえるための姿勢を再チェックしましょう。つかまえる姿勢を整え、テークバックで正しいレールに乗せることが最初に覚えなければならないステップです。それができて初めて軸回転を覚える段階に入ることができます。今のSさんのアドレスは、グリップがウィークに戻っていて、体の回転で掴まえるための準備がまだまだ未完成なんですね。

ストロンググリップにして右肘を伸ばさないこと

まず、すぐに改めるべきはグリップ。人差し指と中指のナックルが見えるような、ストロンググリップに正してください。前回「y字」アドレスを覚えましたが、これが体の回転だけでボールを掴まえるための、非常に大切な構えとなります。注意点としては、右肘を伸ばさないこと。右肘が伸びたアドレスでは、肩のラインが開きそれだけでもアウトサイドインのスイングになってしまいます。アベレージスイングでは、右肘が伸びたアドレスによてウィークグリップになり、スライスを招くケースが大多数なんです。

右肘は右腰骨を指すように曲げること

グリップエンドが左ももを指すようにして、左腕とクラブが一直線になるようにセットし、左グリップをストロングにしたら、自然にフェースがややクローズな状態になります。これが「y字」アドレスの基本でした。この形を作ったら、右グリップは、左の手のひらと向き合うように沿わせます。まずは、右の手のひらが真上を向くようにして、右肘が腰骨を指すように。そこから手首だけを回して、左グリップに沿わせるだけです。後方から見ると、右肘が軽く曲げられ、左腕の方が上に見えていればOKです。

体の正面にクラブを持ち上げフェースの向きをチェック

正しい「y字」アドレスができていれば、フェースはややクローズになって、自然に掴まえる準備ができます。フェースの向きが、アドレスの段階から開いてしまっていないか、時々チェックしてください。クラブヘッドを体の正面に持ってくれば、フェースの開き具合が分かります。ややクローズになっていればOK。もし開いているようなら、アウトサイドインの軌道になりがちなので、いつも必ずフェースの向きをチェックしてくださいね。

テークバックの新たな問題を修正

頭を残す意識をなくしたことで、テークバックでは背骨の軸を中心に、しっかりと体が回るようになりました。しかし、時々逆に、体が回りすぎることがあって、スイング軸が大きく乱れています。これが、全然当たらなくなる原因です。テークバックで顔もいっしょに回るのですが、写真のようにボールが視界から外れるほど回す、新たな癖が出てきていますね。顔が回っても、ボールを視界から外さないように!テークバックでは、みぞおちを回す意識だけあれば、上体・腕・クラブが一体になって上がります。

ボールとの距離が遠いことがある

もう一つ新たな癖として気になったのは、ボールと体との距離が遠く、ハンドダウンがきつい状態になっていることがあります。ボールと体の距離が遠いと、インパクトで届かせようとして、上体が前方に突っ込む動きが出てきます。ダフることが多いのは、これが原因だと思われますね。グリップと体の距離を拳1個半くらいにして、ハンドダウンを改善し、グリップの位置がもう少し上になれば、ボールと体の距離は自然に近づいてきますよ。

Vゾーンの中から降りるように変化!
おすすめ記事通知を受け取る

大学ゴルフ部 1年生 Sさん プロフィール

「頭を残す意識を持たないことで、体を十分に回したスイングができるようになってきたと感じてます。でも、練習場でダフることが多かったり、コースでは右に行くミスが出てしまい、時々、全然当たらなくなることもあるんです。新たな問題が出ているのか、前回のレッスンを正しくできていないのか、原因はわかりませんが、もっとショットを安定させていきたいです」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。矢野東原江里菜といったトッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス