レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはアプローチはダウンブローが正解!

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

アプローチはダウンブローが正解!

2014/05/07

まず腕のローリングを直したい!

ドライバーショットでも、アプローチでも、真っ先に直したいのはハーフバックでの腕のローリングです。プロの場合、腕が腰の高さになった時点で、手元やクラブヘッドは低い位置に保たれ、左手の甲が右に回転することなく、フェースは開くことなく保たれます。一方、大山さんはテークバックの早々から、左手の甲が右に回転しながら、上を向いていき、腕が腰の高さに上がった時には、フェースが開いて、ヘッドが高い位置に上がってしまっています。グリップエンドが体を指さず、クラブが体の正面から外れた状態で上がっているのです。

過度のハンドファースト

腕がローリングしてしまうのは、アドレスの影響も大きいと考えられます。大山さんは、アドレスでグリップエンドが、左ももを大きく外れて左側を向いています。過度のハンドファーストの状態だと、アドレスの時点からクラブが体の正面から外れていて、テークバックでさらに腕がローリングして、体の正面から大きく外れやすくなります。ドリルに進む前に、まずはグリップエンドは左ももの中央くらいに向くように修正しておきましょう。(右写真は矢野東プロ)

胸を回してテークバック

腕がローリングしてしまう人は、決まって手元が先行して上がっています。そして、腕が腰の高さに達するときには、クラブヘッドが腰の高さを超えて上がってしまいます。そこで、両脇にタオルなどを挟んで、ハーフバックを改善しましょう。そうすると、上体と腕が一体になって上がるので、腕だけが先行できず、フェースもシャットに保たれます。この練習では、胸で回すところが意識するポイント。テークバックでフェースが開かず、ずっとクラブが体の正面にキープされれば、自然にインサイドアウトの軌道でフェースが開くことなく、インパクトを迎えられますよ。

すくい上げるアプローチの問題は・・・

ドライバーのレッスンでお話した基本はアプローチも同じ。手をローリングさせず、胸の回転で上げることです。これに加えて注意したいのはアドレスです。大山さんの場合、20ヤードくらいのアプローチを想定した構えでも、通常のスタンスで構えてしまってますよね。ですが、距離が短く振り幅を抑えたショットでは、体重移動が少ないので、クラブの最下点が手前になり、クラブが上昇するときに当たる、すくい打ちの軌道になりがち。すくい上げる軌道では、ダフりもトップも出てしまいますよ。

腰が大きく回転しない分あらかじめスタンスを開く

クラブの振り幅を抑える分、フォローで腰が回転しにくくなるので、それをあらかじめスタンスを開いておくことで、補うのです。これがアプローチでスタンスを開いて構える理由なのです。ですから、20ヤードくらいの短いアプローチでは、スタンスを最大限に開いておく必要があります。別の言い方をすれば、インパクトで左に体重が乗った形を、アドレスで最初から作っておくということなのです。

ショートアプローチのアドレスの手順

アドレスの仕方をご説明しましょう。まずは、通常通りにセットアップ。そして、体全体をターゲットラインよりも左に開いて、スタンスを開き、最後に上体だけをスクエアに戻します。イメージはインパクトの形を最初に作ることです。従って、このアドレスでは、6割くらい左足に体重が乗っている感じにしてください。あとは、ドライバーショットのレッスン同様に、胸を回すテークバックで、腕をローリングさせずに上げればOKです。当たった感じも今までと一変しますし、手前をダフったりトップしたりするミスを完全に封じることができますよ!

すぐにダウンブローのアプローチに改善!
おすすめ記事通知を受け取る

大山さん プロフィール

「ドライバーはショットの7割くらいがスライスになってしまうし、ショットは全体的に不満ですね。特に、アプローチはダフることが多く、しっかり当たったと思うと大きく左へ…。これは、アイアン全般にも言えることです。スイング全体を分析してもらいつつ、アプローチの問題を見て欲しいと思います。また、インサイドから下ろしたいと意識しているのですが、そのように振れているのかも知りたいところです」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。矢野東原江里菜といったトッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス