レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはパットはフェースの向きが命!

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

パットはフェースの向きが命!

2014/10/08

マレット型にすれば改善しますが・・・

道具で直すなら、マレット型がオススメです。アウトサイドイン軌道の人は、フェースの開閉を使わず、ターゲットラインに沿って真っ直ぐにフェースを出すタイプだからです。しかし今回は、岡村さんが現在使用されているピンタイプを使い続けることを前提に、問題点を改善しましょう。フェースの開閉を使うべきなのに、フェースが開かないように外に上げて、フェースを開閉させないようなストロークをしていることが問題なのです。

ピンタイプで真っ直ぐ引こうとすると・・・

ピンタイプのパターで、フェースの開閉を使わず、フェース面を真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出すイメージを持ってしまうと、テークバックで外に上がるようになります。外に上がると、フェース面がかぶり、左に引っ掛けるようになります。それを、補おうとして、インパクトでフェース面を開くようにしてしまうのです。テークバックでは閉じるように上げているのに、インパクトで開くので、右に外すことが多いのです。

ピンタイプに相応しくない真逆の動きです

パットはインパクト時のフェースの向きで、転がる方向が決まるので、外から下りようが、インサイドから下りようが、真っ直ぐ当たっていれば良いのです。ただ、道具に合ったストロークにしないと、安定して真っ直ぐにヒットするのが困難になります。本来、ピンタイプではテークバックで、フェースが少し開き、インパクトで真っ直ぐ、そしてフォローでフェースが閉じる、開閉を使ったストロークがベストですが、岡村さんのストロークはテークバックで閉じ、フォローで開いていく、真逆の動きになっています。

お腹にグリップを付けてみぞおちを意識しましょう

ピンタイプを使うコツは、お腹にグリップを付けてストロークすると分かります。テークバックでは小手先ではなく、みぞおちを中心に胸を回すイメージです。そうすれば、テークバックで体が開く動きに合わせて、自然にフェースも開きます。ヘッドを真っ直ぐに引いて、真っ直ぐ出すというイメージを持たず、体幹でストロークするようにしてください。こうすることで、ゆるやかなフェースの開閉が生まれます。

真っ直ぐストロークするポイントはヘッドにあらず

ピンタイプでは、真っ直ぐに打とうと思うほど、テークバックで閉じ、ダウンスイングで開くパターンに陥りがち。特に、ショートパットではその意識が強まるので、右に外しがちになります。しかし、ピンタイプの場合は、真っ直ぐのポイントが違うのです。真っ直ぐにキープすべきは、フェース面ではなくシャフトを水平にしてバランスが取れる部分です。ここにシールを貼って、このシールを真っ直ぐに動かすよう意識しましょう。そうすると、体幹の動きに従って、緩やかにフェースが開閉しつつ、真っ直ぐに運ぶ感覚が分かるはずです。

プッシュと引掛けの問題点は・・・

さて、ドライバーのプッシュと引掛けは、上級者が陥りがちな問題と言えます。上級者はインサイドアウトの軌道で振れているのですが、インパクトからフォローにかけて、腰を前方向に突き出してしまいがちなのです。そうすると、腕の通り道が詰まって、手元が浮き、トゥが下がってフェースが開き、プッシュアウト。それを嫌がって、手元をこねると引っ掛け。このように、右手でクラブを持って、左手で右腰を掴んで振ると、ダウンスイングで、上体と右腰が連動して動く感覚がつかめます。腰がしっかりターンできれば、プッシュと引掛けの問題は解消できます。

ピンタイプに合ったストロークに改善!
おすすめ記事通知を受け取る

岡村さん プロフィール

「悩んでいるところは2点あります。一つはパッティング。引っ掛けることもありますが、このところは特にショートパットを右に外すことが多く、どこに問題があるのか分かりません。ピンタイプを使用していますが、自分に合っているかどうかも知りたいところ。また、ドライバーは、プッシュアウトと引っ掛けが交互に出て乱れることがあるのも悩みですね」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。トッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス