ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは手のサイズに合わせたグリップの選び方

グリップの選び方
手のサイズに合わせたグリップの選び方

本格的なゴルフシーズン到来に向けて、調整がおろそかになりがちなグリップについて考察するシリーズの最終回。手の大きさを基準にしたグリップサイズの選び方を、ツアープロコーチの堀尾研仁氏が紹介する。

グリップ選びのポイントは中指と薬指

手の大きさに合わないグリップを使うと、腕に無駄な力が入るなどスイングを乱す原因にもなる。堀尾氏はグリップの選び方について、左手のひらの“腹”部分をグリップの真上に乗せたときに、中指と薬指の2本の先が「(腹部分に)軽く触れるぐらいの太さを基準にしてください」とアドバイスする。

手のひらと指の間にスキマがある状態だと十分なホールド感を得られず、強く握ろうとする意識が働いて力みにつながりやすい。「そうなるとコッキングできずにヘッドが走らず、フェースターンしづらくなります」と堀江氏は言う。

また、同様に太めのグリップサイズだと、無意識にボールを曲げやすい握り方になっているケースがある。手のひらの腹の部分がグリップに乗り切らないと、スライスしやすいウィークグリップに。隙間を埋めようと左手を被せすぎると、引っかけやすいフックグリップになる傾向にある。

一方で堀尾氏は、手のサイズよりも細めのグリップを使う場合は、球筋に与える悪影響は小さいと推測する。「細くてもホールド感は得られて、腹の部分がきちんとグリップの上に乗るので、必要条件は満たしていると思います。ただ、2本の指が腹に刺さりやすくなるので、例えばツメが長めの女性などは気になるかもしれません」とのことだ。

総括:グリップは少し細めがオススメ

堀尾氏は「私が考える良いグリップとは、手に必要以上に力が入らないものだと思います。リストコックや、腕の力が抜けたしなやかなスイングを行う意味では、少し細めぐらいのサイズをお勧めしたいですね」と総括。春ゴルフを気分良く楽しむためにも、自分に合ったグリップをじっくりと見定めよう。

グリップの選び方 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

堀尾研仁 プロフィール

1971年4月16日生まれ。デビッド・レッドベターに師事し、2002年よりツアープロの帯同コーチとして活動開始。翌03年に田島創志、04年に高橋竜彦のコーチに就き、2選手の初優勝に貢献。16年は塚田陽亮が日本ゴルフツアー選手権で優勝。現在は多数のツアープロのコーチを行う傍ら「KEN HORIO GOLF ACADEMY」を主宰。アマチュアへのレッスンを精力的に行っている。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス