ギア情報
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはテーラーメイド バーナードライバー(2009年モデル)

テーラーメイド バーナードライバー(2009年モデル)

構えてみると?

クラウン部分の編み目模様が復活した「バーナー 2009年モデル」。前作は丸いオーソドックスなヘッド形状だったが、今回は他のテーラーメイド同様、ヘッド形状はエッジが効いた三角形。体積は460CC。そして、ヘッド外周部分にはクルマのスポイラーのようなフィンがバリッと張り出している。これにより投影面積が大きいのに、視覚的には引き締まってみえるのだ。

フェースとバックフェースも特徴的だ。フェースはかなりディープ。ノーマルのバーナーは約61ミリで、バーナーTPが約62.5ミリ。バックフェースは反対に超シャロー。どちらも極限まで薄くなっている。この形状(重量配分)を考えると、両モデルとも低重心をかなり意識してる意図が窺える。

ちなみにヘッドの外観は、見た目ではほとんど変わらない。ノーマルとTPの違いを識別できるのは、クラウンマークとトウ側にロゴが有る無しぐらい。ノーマルのバーナーのクラウンマークはバーナーのロゴが入り、TPにはTPのロゴが。そしてTPのみ、トウ側にチェッカーフラッグをあしらったTPのロゴが入る。

リアルロフト、フェース角、そしてシャフトのスペックはノーマルとTPとで大きくことなる。ノーマル仕様のバーナーはリアルロフトがやや多めでフックフェース。シャフトもかなり軟らかめ。対してバーナーTPはかなりハード。リアルロフトはそう多くなく、フェースの向きはオープン。シャフトはかなり硬めの設定となっている。

デザインがガラッと変わった「バーナー 2009年モデル」。形状的には低スピンで飛距離を稼げそうだが、実際はどうなのか?両モデルの違いはどうなのかもじっくりテストしてみたいと思う。

打ってみると?
おすすめ記事通知を受け取る
テーラーメイド
圧倒的な飛距離の三角ヘッド
発売日:2009/01 オープンプライス

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

ギア&アイテム

ギアカタログ ゴルフクラブの画像、スペック、クチコミを調べたいなら!
試打インプレッション クラブアナリストのマーク金井氏が人気のゴルフクラブを徹底分析。
新製品レポート GDO編集員が注目のゴルフクラブを試打レポート。
一刀両断 金谷多一郎プロが試打を元にゴルフクラブの性能を徹底検証。
中古ギア情報 中古市場やツアープロの流行りから、気になる中古ゴルフクラブをピックアップ。
シャフトでこんなに変わるんだ! シャフトに悩む被験者を立てて、シャフトフィッティングの仕方を伝授。
いきつけのゴルフ工房を見つけて職人の技をあなたの14本に

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス