ギア情報
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはPING G10 ドライバー

PING G10 ドライバー

打ってみると?

試打クラブは10.5度の純正Sシャフトと、9度のプロフォース V2ハイロンチのSシャフト。長さは45.5インチ。総重量は純正Sシャフトが306.3グラムでプロフォース V2ハイロンチ装着が314.6グラム(いずれも実測)。市販ドライバーの中ではやや長めで、重量もやや重め。非力なシニア層ではなく、30~50歳ぐらいのアスリート指向に扱いやすいスペック。シャフト硬度の目安となる振動数は純正Sが246cpmで、プロフォース V2ハイロンチのSが265cpm。フレックスは同じSであるが、後者の方が1フレックス以上硬い仕上り。

まずは10.5度の純正Sから打ち始めると、何発打っても高弾道。リアルロフトが12.5度と多めなのに加え、シャフトも影響しているようだ。インパクトゾーンでフェースが上向きになりやすく、3Wで打ったように球がグングン上がる。スピンも適度に入るタイプなので、球の浮き上がり感が強い。弾道計測してみると、フェースセンターで捕らえるとスピン量は3000回転前後。アスリート向けドライバーだが、重心はやや高めなのだろう。

打点位置を変えて打ってみても、重心がやや高いことが証明された。フェースの下側で捕らえるとスピン量が一気に増えるが、ドロップ球覚悟でトウ寄り上側でヒットすると、飛びの理想スピン量に近づく。打出し角は15~16度、スピン量は2200~2400まで減り、キャリーとランで距離を稼げた。

ロフト9度のプロフォース V2ハイロンチに持ちかえても印象は変わらず。こちらも、やや厚めにヘッドを入れるとスピンが適度に減って、理想的な弾道で飛ばせる。言い換えると、フェース中央で捕らえるタイプよりも、フェース上部で捕らえるタイプの人が使った方が、飛距離アップを期待できるドライバーだ。

スイートエリアは見た目通り。打点が左右にバラついてもエネルギーロスが少ない。ミート率に不安を抱える中級者でも距離のバラつき、方向性の乱れをクラブが抑えてくれる。

クラブを計測してみると?
おすすめ記事通知を受け取る
ピン
ツアープロが認めるドライバー
発売日:2007/09

関連リンク

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

ギア&アイテム

ギアカタログ ゴルフクラブの画像、スペック、クチコミを調べたいなら!
試打インプレッション クラブアナリストのマーク金井氏が人気のゴルフクラブを徹底分析。
新製品レポート GDO編集員が注目のゴルフクラブを試打レポート。
一刀両断 金谷多一郎プロが試打を元にゴルフクラブの性能を徹底検証。
中古ギア情報 中古市場やツアープロの流行りから、気になる中古ゴルフクラブをピックアップ。
シャフトでこんなに変わるんだ! シャフトに悩む被験者を立てて、シャフトフィッティングの仕方を伝授。
いきつけのゴルフ工房を見つけて職人の技をあなたの14本に

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス